2015年06月14日

2013年までの米国とイギリスのスパイ身元特定の危機!

政治経済犯罪と裁判モバイル・マネー人物

インターネット時代、いずれすべて暴露されることだろうと思っていたが、AFPは2015年06月14日に、NSA(National Security Agency/米国家安全保障局)のエドワード・スノーデン(Edward Snowden)元職員が入手した機密文書にロシアと中国がアクセスし、イギリスは一部の情報部員を移動させざるを得なくなったと報告した。

BBCとイギリスの新聞サンデー・タイムズ(Sunday Times)が2015年06月14日に、イギリス政府高官や情報機関関係者の話として伝えた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

サンデー・タイムズによると、ロシアは100万件を超える機密文書の暗号を解読できる状態になった。
サンデー・タイムズはまた複数のイギリス政府関係者の話として、米国とイギリスの情報収集手段を記した機密文書に中国もアクセスしたため、情報部員が特定される恐れが出てきたと伝えた。

あるイギリス首相官邸関係者はサンデー・タイムズに対し、ロシアと中国が秘密情報を手に入れたため、情報部員を移動させざるを得なくなったと語り、「こちらの手の内が知られたため、重要情報の入手が止まった。」と述べたと言っている。

一方、BBCのWebサイトによるとあるイギリス政府関係者は、露中両国が情報を入手したため情報部員を急いで移動させたと語ったが、情報部員に危険が及んだ証拠はないと強調したと言っている。

スノーデンは、米国当局がインターネット上で行う情報収集活動の実態を明らかにし、「プライバシーや基本的人権」の保護を訴えるため、2013年に機密文書を報道機関に提供してロシアに逃れた。CIA(米国中央情報局)とNSAの契約職員だったスノーデンは約170万件の機密文書をダウンロードした。これまでスノーデンは、入手した機密文書を解読する能力がある情報機関は存在しないと主張していた。

しかし、ある情報機関関係者はサンデー・タイムズに対し、「ロシアと中国がスノーデンの資料(機密文書)にアクセスできることが分かった。数年かけて分析し、標的を特定するための手がかりを探すだろう。」と述べている。

つまり、2013年までに米国かイギリスでスパイだった人は、口先で誤魔化しても、スパイかどうかが明らかにできることだろう。

されに、それらの情報はダークWebにもいずれ流れることだろう。

衛星やハッキングでのスパイ活動と違い、人力スパイは、いずれすべて明らかになる。

今まで隠れていた人が、スパイとして表面にでると、どうなるのか?
とんでもない教育機関に、米国とイギリスのスパイが隠れていると聴いたことがある。

いずれ、、私のパパはスパイ!などと言った冗談が、現実になる。

このBBC Newsはすでに明日訳す準備ができている。

米国とイギリスのスパイは、この2年間に何とかすべきだったが、データはロシアと中国が持っているので、消えることができない。

噂で聞いているとんでもない教育機関は、覚悟すべきだろう。

2015-06-14---米国国防総省から、リクルートを受けた日本人が居た。
2015-06-11---イランの核問題で、スイス人とオーストリア人へのサイバー攻撃を精査。
2015-03-31---日本は,独自のCIAを熟考中!
2015-02-26---日本は,海外でのスパイ活動で、MI6やCIAのように支える。
2015-02-24---米国は、ロシアのハッカーに逮捕の懸賞金US$300万を提供。
2015-02-16---多くの会社が、ペイメントで、セキュリティに対するオバマ呼び出しに参加。
2015-01-19---イギリスの諜報機関GCHQ、大手報道機関の記者メールを傍受。
2015-01-19---NSAは、ソニー攻撃の前に北朝鮮のネットワークをハック!?
2014-12-02---スノーデンはスウェーデンで、ノーベル賞の代わりを受け取った。
2014-11-24---非常に高度な内密トロヤンは、目標で何年もの間隠れて収納されていた。
2014-11-24---英米政府が関与しているかもしれない政府・企業狙う高度なスパイウエア発見。
2014-10-29---サイバー攻撃被害、今後10年間でさらに悪化。
2014-10-22---MI6で秘密だが、スパイとして働くのはどのようなものか?
2014-08-16---今度は、ドイツがケリーとクリントンを盗聴。
2014-07-12---中国の国民は、米国の軍事のデータを盗む計画でハッキングを課された。
2014-07-05---ドイツをスパイするので逮捕した後、米国の大使は呼び出された。
2014-06-04---ドイツは、メルケル首相の「電話盗聴機」を調査する。
2014-05-21---米国サイバー窃盗罪と中国のメディア。
2014-05-19---米国司法省、中国の部隊に対し、米国企業に対するスパイ行為で起訴!
2014-04-16---インターネットは、リーマンのように世界景気の衝撃に弱い。
2014-03-31---成長し、成熟するサイバー犯罪の世界。
2014-03-26---防衛省、サイバー防衛隊を発足。
2014-03-17---IBMは、NSAとPRISM監視を備えた関与を否定。
2014-03-10---「ダークウェブ」に住み着く、サイバー犯罪者。
2014-01-27---スノーデンの後、インターネットはどれくらい脆弱か?
2013-12-17---ハッカーは、スマートフォンを脆弱な入り口とみなした。
2013-03-27---「史上最大のアタック!」世界のインターネットが遅くなった!
2012-10-15---米国は先制サイバー攻撃を準備中!
2012-06-21---イランの核施設で、「大規模なサイバー攻撃」を検知!
2012-06-07---国連、グローバル・サイバー戦争防御協力を要請。
2012-06-01---米国のチームとイスラエルが開発した、イランの虫!?
2012-05-28---20MBの巨大マルウェアを使った大規模なサイバーテロ攻撃を発見!
2012-04-30---第2次Web世界大戦!将来のサイバー戦争から見えるもの!
2012-01-25---サイバー戦争は、イスラエルの病院Webサイトを攻撃!
2011-11-21---ハッカーは、米国水処理システムを「破壊」
2011-10-31---サイバーテロのターゲットは、化学薬品と国防企業!
2011-10-31---イギリスのGCHQチーフは、サイバー攻撃の脅威を報告!
2011-09-19---日本のトップ武器メーカー三菱重工へのサイバーアタック!
2011-09-04---イランは、ブーシル原子力発電所を国の配電網に接続!
2011-08-03---史上最大のサイバー攻撃が明らかにされた!
2011-07-26---継続的な注意が必要なサイバー・セキュリティ!
2011-06-11---冷戦時代から、サイバー戦争へ
2011-05-29---米国国防会社ロッキード・マーチンに、サイバー攻撃!
2011-05-25---e-G8をサイバー攻撃!
2011-05-20---EUは、新しいサイバー防衛ユニットを作成。
2011-04-25---イランを攻撃するスパイ・ウイルス!
2011-03-14---イランのサイバー・アーミーがいう「ターゲット敵サイト」
2011-03-07---パリのG20をサイバー攻撃!
2011-01-17---サイバー攻撃は「もの凄い嵐」になるかもしれない。
2010-10-13---米国国土安全保障省がスパイ機関になり、スパイ機関が米国国土安全保障省?
2010-07-08---良いサイバー攻撃は、良いサイバー防衛と同じ!

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。