on-the-time.jp

2015年06月14日

米国国防総省から、リクルートを受けた日本人が居た。

政治経済犯罪と裁判戦争と平和

先日紹介した「米国学生は、どのように無料のドイツで大学学位を得るか。」で、私が、アメリカの大学ではなく、ドイツの大学にしたいきさつとして、

ますます多くのアメリカ人は、それらの大学学位を得るために、有利さとUS$数万の保存必要とする。

昔から、ドイツの授業料はほとんどただで、映画館や劇場、保険制度、交通費などに学生優遇制度があり、学生食堂と学生寮に住んでいれば、安く生活でき、私のような貧乏人の学生にとっては最高の環境であった。

保険制度はメガネにもて移用され、劇場では申し込むと、その時最高の空き席が安い固定料金で提供される。

金持ちしかいけないアメリカの大学は、最初に拒否した。
多額の借金までして、米国の言いなりの学生になりたくなかった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

「UCLAに留学した知り合いから、スターウォーズ計画華やかな時代、国防総省からリクルートを受けたときの話を聴いたことがあります。優秀でも貧乏な留学生は洗脳しやすく、いいカモになるようです。」と言う情報が届いた。

多額の借金までして、米国の言いなりの学生になりたくなかった。
イギリス、フランスも授業料があり、保守的なので削除した。
では、ドイツのどの大学に行くか?
学部によっては、世界中の大学に負けない研究機関も多い。
例えば、ハイデルベルグ大学の哲学科などは、デカルト、カントなどが学んでいたことで知られる。
科学であれば、ドイツ中にあるマックス・プランク研究所(Max-Planck-Gesellschaft zur Förderung der Wissenschaften e. V.)は、世界中で見劣りしないと報告したら、

私も以前、アメリカの大学に行かないかと、1970年代にいわれたとき、多くのアメリカの大学に留学した人に、その経験談を聞いて回ったことがあり、その時、アメリカの歴史を最初に教え込まれると聴き、背筋が寒くなった経験があり、多くのアメリカに留学した人の中には、かなりの数でアメリカのスパイになった日本人が居ることも聴かされた。

私が何も言わないのに、彼はアメリカのスパイではないと、元読売新聞の記者に言われ、もの凄く不思議な感覚になった。
ただし、その元読売新聞の記者の定年後の仕事場は、****総研で、米国のNewsweekやTIMEによる軍事能力分析で、日本のスパイ活動について、外務省なども指摘しているが、それ以上に日本の最強スパイ組織として、企業の民間スパイ組織について言及し、大手企業で総研というのをすべて民間スパイとして、数字化していた。

また、アメリカのメディアで、多くのジャーナリストが再就職先に、CIAを選んでいるとも指摘して、さらに、スパイ・ジャーナリストも居ると指摘している。

内部告発者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)が情報を暴露した後、もう国際会議にはスパイが常識になった。

また、アップル、マスターカード、およびビザを含む、多くのモバイル支払い会社は、オバマ大統領の呼びかけによるシリコンバレーのサイバー・セキュリティ・サミット(President Obama’s cybersecurity summit in Silicon Valley.)の一部として、より安全にするためのプロジェクトに、サインアップしたと報告した。

これは、米国が国家として、モバイル・マネーを管理し、国際社会を動かそうとしていると言うことかもしれない。

しかし、この考えが、最近の米国のモバイル・ペイメントで、米国の世界戦略に支障を来すことになるかもしれない。

日本も、これまで民間企業が展開してきた総研という隠れ蓑のスパイ活動ではなく、政府としての活動に切り替える必要が出てきた。

内部告発者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)が情報を暴露した後、もう国際会議にはスパイが常識になった。

また、アップル、マスターカード、およびビザを含む、多くのモバイル支払い会社は、オバマ大統領の呼びかけによるシリコンバレーのサイバー・セキュリティ・サミット(President Obama’s cybersecurity summit in Silicon Valley.)の一部として、より安全にするためのプロジェクトに、サインアップしたと報告した。

これは、米国が国家として、モバイル・マネーを管理し、国際社会を動かそうとしていると言うことかもしれない。

しかし、この考えが、最近の米国のモバイル・ペイメントで、米国の世界戦略に支障を来すことになるかもしれない。

日本も、これまで民間企業が展開してきた総研という隠れ蓑のスパイ活動ではなく、政府としての活動に切り替える必要が出てきた。

2015-06-11---イランの核問題で、スイス人とオーストリア人へのサイバー攻撃を精査。
2015-06-03---米国学生は、どのように無料のドイツで大学学位を得るか。
2015-03-31---日本は,独自のCIAを熟考中!
2015-02-26---日本は,海外でのスパイ活動で、MI6やCIAのように支える。
2015-02-24---米国は、ロシアのハッカーに逮捕の懸賞金US$300万を提供。
2015-02-16---多くの会社が、ペイメントで、セキュリティに対するオバマ呼び出しに参加。
2015-01-19---イギリスの諜報機関GCHQ、大手報道機関の記者メールを傍受。
2015-01-18---NSAは、ソニー攻撃の前に北朝鮮のネットワークをハック!?
2014-12-02---スノーデンはスウェーデンで、ノーベル賞の代わりを受け取った。
2014-11-24---英米政府が関与しているかもしれない政府・企業狙う高度なスパイウエア発見。
2014-11-24---非常に高度な内密トロヤンは、目標で何年もの間隠れて収納されていた。
2014-10-29---サイバー攻撃被害、今後10年間でさらに悪化。
2014-10-22---MI6で秘密だが、スパイとして働くのはどのようなものか?
2014-08-16---今度は、ドイツがケリーとクリントンを盗聴。
2014-07-12---中国の国民は、米国の軍事のデータを盗む計画でハッキングを課された。
2014-07-05---ドイツをスパイするので逮捕した後、米国の大使は呼び出された。
2014-06-04---ドイツは、メルケル首相の「電話盗聴機」を調査する。
2014-05-21---米国サイバー窃盗罪と中国のメディア。
2014-05-19---米国司法省、中国の部隊に対し、米国企業に対するスパイ行為で起訴!
2014-04-16---インターネットは、リーマンのように世界景気の衝撃に弱い。
2014-03-31---成長し、成熟するサイバー犯罪の世界。
2014-03-26---防衛省、サイバー防衛隊を発足。
2014-03-17---IBMは、NSAとPRISM監視を備えた関与を否定。
2014-03-10---「ダークウェブ」に住み着く、サイバー犯罪者。
2014-01-27---スノーデンの後、インターネットはどれくらい脆弱か?
2013-12-17---ハッカーは、スマートフォンを脆弱な入り口とみなした。
2013-03-27---「史上最大のアタック!」世界のインターネットが遅くなった!
2012-10-15---米国は先制サイバー攻撃を準備中!
2012-06-21---イランの核施設で、「大規模なサイバー攻撃」を検知!
2012-06-07---国連、グローバル・サイバー戦争防御協力を要請。
2012-06-01---米国のチームとイスラエルが開発した、イランの虫!?
2012-05-28---20MBの巨大マルウェアを使った大規模なサイバーテロ攻撃を発見!
2012-04-30---第2次Web世界大戦!将来のサイバー戦争から見えるもの!
2012-01-25---サイバー戦争は、イスラエルの病院Webサイトを攻撃!
2011-11-21---ハッカーは、米国水処理システムを「破壊」
2011-10-31---イギリスのGCHQチーフは、サイバー攻撃の脅威を報告!
2011-10-31---サイバーテロのターゲットは、化学薬品と国防企業!
2011-09-19---日本のトップ武器メーカー三菱重工へのサイバーアタック!
2011-09-04---イランは、ブーシル原子力発電所を国の配電網に接続!
2011-08-03---史上最大のサイバー攻撃が明らかにされた!
2011-07-26---継続的な注意が必要なサイバー・セキュリティ!
2011-06-11---冷戦時代から、サイバー戦争へ
2011-05-29---米国国防会社ロッキード・マーチンに、サイバー攻撃!
2011-05-25---e-G8をサイバー攻撃!
2011-05-20---EUは、新しいサイバー防衛ユニットを作成。
2011-04-25---イランを攻撃するスパイ・ウイルス!
2011-03-14---イランのサイバー・アーミーがいう「ターゲット敵サイト」
2011-03-07---パリのG20をサイバー攻撃!
2011-01-17---サイバー攻撃は「もの凄い嵐」になるかもしれない。
2010-10-13---米国国土安全保障省がスパイ機関になり、スパイ機関が米国国土安全保障省?
2010-07-08---良いサイバー攻撃は、良いサイバー防衛と同じ!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。