2015年05月29日

Googleは、アップデートされた支払いサービスを初公開。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Googleは、新しい支払いサービスが、「一緒にモバイルのキャリアを連れて来るあなたを提供する支払いネットワーク、銀行、および小売店選択と柔軟性」であると述べて、Android Pay(アンドロイド支払い)を初公開した。

これは、GoogleがSoftcardを買収した結果であり、苦闘しているGoogle財布(Google Wallet)と、いつか統合されることになる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

「私達は、7年前に単一の機器からアンドロイドに供給したのと同じパートナーシップモデルに、現在の10億人を超えるユーザーが成長の燃料と信じる。また、Android Payで成功することを可能にする。」会社のためのエンジニアリングのVPデイブ・バーク(Dave Burke, VP of engineering for the company)は言った。

検索巨人は、それが、最近スタートされたサービスApple Payに匹敵することを可能にするたとえこれが、広範囲に及んだユーザー採用を駆り立てたかどうかがまだクリアではなくても。多くのユーザーの精神にモバイル支払いを推進した多くのサービスを初公開した。

意外でもないが、今年末スタートする最初は、サービスの焦点が米国に合わせられる。

それはAT&T、T-MobileとVerizonによって働いていて「あなたが新しいアンドロイド電話を買い、あなたが、Android Payを使う用意ができているドアの外を歩くことができる時ために保証する」とも伝えていた。

非接触支払いが提案の心臓にある。

ユーザーは電話のロックをはずし、それを小売り店のターミナル、および「you’re good to go(あなたが行くのに良い近くに置く。」アプリを開く必要が全然なく、支払い確認とトランザクション詳細は、機器スクリーンに提供される。

小売店「選択」と、それはまた、ロイヤリティ・プログラムと統合されて、特別な申し出はチェックアウトで自動的に適用である。

Android Payはオンラインの購入品もサポートし、「あなたが購入品をオンラインで作るたびにあなたのクレジットカードと配送先住所を入力している日は、過去の物である。」を意味している。

ユーザーは、これを使うために、「Android Payによって買える」オプションを与えられる。

Googleが、米国を横切り、また1,000より多くのAndroid appsがアメリカンエキスプレス(American Express)、Discover,、Mastercard、Visaによりサポートされる700,000を超える商業立地でそれが受け入れられることを約束している。

Google I/Oで初公開されたサービスのため、会社の伝統的法廷開発者コミュニティ(company traditionally courts the developer community)が、驚くに当たらないイベントのサードパーティサポートは高かった。

プラットフォームは、「どのような支払いプロセッサででも働くようにデザインされて」、Googleは、統合をより容易にするために、「含むトップ支払いプロセッサは、PayPalがオーナーのブレーントリー(Braintree)、CyberSoure、First Data、Stripe and Vantiveによって組む。

そして、また高くGoogleが、「Android Payのスタートを今年末サポートするために業界標準セキュリティtokenizationを提供するために、米国の主要な支払いネットワークと金融機関と働く」と述べて、日程でセキュリティであった。

Android Payは、支払いによって、確保または既存のアンドロイド・・デバイスマネージャ(Android Device Manager)を使うことで、実際のクレジットまたはデビット・カード・ナンバーに送らず、代わりに、「バーチャルな口座番号(virtual account number)」で、無くしたり、盗まれた機器は、またロックできる。

1つの重要な問題が、どのように、アンドロイド・スマートフォンの中で、最も大きいベンダにより広げられている企業内のサービスSamsung Payのそばでサービスが共同で存在するかである。

サムスンが、機器を含むサービスのend-to-endのコントロールを持っている間、それは現在それ自身の旗艦に制限される直ちにユーザーベースによる様々なメーカーによる数億へのアンドロイド支払いのサポートGalaxy S6ライン・スマートフォンにスケールの有利さを与える。

サムスンは、Android Payを無視している。

2015-06-03---Samsungは、Apple Payの前に出ることを計画。
2015-05-18---ヨーロッパのSamsung Payは、Oberthur Technologiesと組む!
2015-05-08---Apple PayやGoogle Walletが古くさく感じる。
2015-04-22---サムスンのS6の改造は、モバイル支払いが不能!?
2015-04-21---Apple Payは、消費者調査でPayPalの前に出た。
2015-04-02---Apple Payは高いサインアップ、低いリピート。
2015-03-01---サムスンはGalaxy S6マートフォンとSamsung Payを初公開。
2015-02-25---SamsungのLoopPay動きは、アップルよりGoogleへの脅威。
2015-02-23---Google財布は改造中!5月末までに出航予定。
2015-02-23---Googleは、Softcard買収でApple Payに対抗する。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告