2015-06-07

もし贈収賄の証拠が見つかれば、ロシアとカタールは、ワールドカップを失う。

スポーツ犯罪と裁判

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、もし贈収賄の証拠が見つけられるなら、ロシアとカタールは、ワールドカップを失うであろうと監査と服従のFIFA(Fédération Internationale de Football Association/国際サッカー連盟)のトップは、2018年と2022年のホスト国に警告を出し、、入札のどのような贈収賄の証拠でもまだ捜査されることになっていると報告した。

もし入札プロセスの贈収賄で証拠が出現し、FIFAの監査と服従委員会の独立な会長が、スイスの新聞社に話したならば、ロシアとカタールからそれらのワールドカップ主催権利をはぎ取る。

[AD] You can advertise on this site.

FBIは、ロシアとカタールへの世界サッカーの制御体授与と、ワールドカップ主催権利を含む精査で、どのようにFIFAへの贈収賄と腐敗があったかを、調査している。

ドメニコ・スカラ(Domenico Scala)は、新聞SonntagsZeitungに、2つの国が入札プロセスの贈収賄の出現を証明するなら、接待権利を失うかもしれないと言った。

「もし証拠が出現し、カタールとロシアへの賞が、買われた票への感謝について来るだけなら、賞は無効にされうるであろう。」と、スカラはインタビューにおいて言った。

「この証拠はまだ証明されていなかった。」

しかし、開催までにはロシアが3年、カタールは7年間調査される。

ロシアとカタールは、先週FIFA役員に対して米国検察により発表されたチャージの主題ではなかった2018と2022のトーナメントへのそれらの入札の指導において、以前に悪事を否定した。

スカラは、2013年に同様なコメントを作ったけれども、チューリヒでの夜明け警察急襲およびいくつかのFIFA役員の逮捕を米国チャージに含んだ過去の2週の上のイベントが、緊急性を彼の意見に追加した。

それが出現する前にFIFAプレジデントとまもなくと5番目の期間を確保するセップ・ブラッター(Sepp Blatter)は、彼も米国法の執行のため調査の下にいたほんの4日後の火曜日に、彼が不意に辞任する、発表した。

スイスの新聞Sonntags Blickとの別個のインタビューで、スカラはFIFAプレジデント任期のための限界のアイデアも浮かべた。「もしFIFAプレジデントが2または3サイクルをするならば、それは十分である」と、スカラの発言は引用された。

スカラのための担当者は彼の意見を確認した。

FIFAは直ちにコメントのための要求に反応しなかった。

2015-06-05---FIFAスキャンダルで、南アフリカ・ワールドカップ組織者に飛び火!
2015-06-03---FIFA元副会長ら、インターポールが国際手配。
2015-06-02---やっぱりブラッターもやっていた!FIFA会長が辞任表明!
2015-05-29---FIFAのプレジデントにセップ・ブラッターを再選。
2015-05-27---米国当局は、FIFA幹部ら14人を汚職で起訴。連盟本部を捜索!
2015-05-27---FIFAの腐敗と人の使用料。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE