2015年05月29日

100年ごしの研究。スイスチーズの穴の謎解明!

自然

AFPは、約100年に及ぶ研究の末、スイスの科学者チームが、「スイスチーズの穴」をめぐる謎を解明したと報告した。
子どもの頃、ネズミがかじって穴ができたと教えられたかもしれないが、実際はそうではない。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

スイス連邦政府の農業研究機関ACWAgroscope Changins-Wädenswil/アグロスコープ研究所)の専門家チームによると、エメンタールやアッペンツェラーなどの有名なスイスチーズの特徴でもある「穴」は、材料の牛乳に含まれる微量の干し草と関係しているのだという。

これまでは、チーズ内のバクテリアに起因していると考えられてきた。

研究では、チーズ作りに使われる牛乳の搾乳方法によって穴に変化が生じることがわかった。
現代的な方法では、スイスチーズの謎の穴は小さくなるか、消えてしまうこともある。

ACW広報のレジス・ナイフェラー(Regis Nyffeler)は、この違いが生じる原因として伝統的な乳搾りで使われる「昔ながらのバケツ」の存在を挙げた。バケツの中に落ちた干し草の微小片が、最終的にチーズの穴に発生させているのだと言っている。

このテーマに関する研究は、少なくとも1917年から続けられてきた。
当時、米国人研究者のウィリアム・クラーク(William Clark)が詳細な研究結果を発表し、牛乳に含まれるバクテリアが放出する二酸化炭素(CO2)によって穴が生じると結論付けていた。

現代のチーズ生産現場においては、密封された搾乳機が開放状態のバケツに取って代わり、牛乳に含まれる干し草の微小片が完全に排除されている。研究チームは、過去10〜15年間で、スイスチーズの穴の数が少なくなっていると説明した。

ACWAgroscope Changins-Wädenswil/アグロスコープ研究所)のGoogle Earthポインター情報
Reckenholzstrasse 191, 8046 Zürich
47°25'44.1"N 8°30'58.9"E
または、
47.428917, 8.516347

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。