2015年05月29日

金魚の車椅子。インターネットで話題。

自然美容と医学の科学

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、病弱な金魚を見て、ペットのオーナーは、水の中で正常な姿勢に金魚を保つため、金魚用車椅子を開発したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

衣服タグから作られた浮力ジャケットを着ている無名の魚のRedditにアップロードされた写真およびコルクの断片はサイトについて、1,000を超えるコメントを集めた。

アップローダは、Reddit名がleabilityであるかもしれない手掛かりが全然なく、それらはどのように巧妙なアイデアも思い付かなかった。

議論は、ポストの下で、彼の不十分なかわいがりを助けるために金魚のオーナーが試すことができた他の方法について始まった。

1人のユーザーは、浮力をコントロールし魚が、不殻から取り出された緑色のエンドウを与えられることを提案し、見たところ下剤として代行し、浮き袋のプレッシャーを救う。

アイデアの上でバックした愛玩用の店で働くと主張した別のユーザーは、魚のために塩漬け缶詰めにされたエンドウを使うことを助言した。
他の注釈者は、魚に食物を少なく与えられるべきであると言った。

しかし、ほとんどは専門のオーナーのための賞賛でいっぱいであった。

「それをすることへの感謝。従って、多くの人々はそれらの愛玩用の魚を気にしないけれども、それらは犬にちょうど似ているか、または猫と同じ注目に値している。」と1人のユーザーがtrcukingを呼んだといわれている。

このラッキーな魚は、泳ぎで小さい助けを得た最初ではない。YouTubeは魚のビデオの小分を持っているようで、浮き袋問題は浮揚援助を身に着けている。

そう言えば、金魚は大きく育つと、空気袋が膨らみすぎて、ひっくり返り、死んでしまうことが多かった。

ビデオや写真を見ると、すでに製品化されているのかもしれない。
さらに、特許も申請されているかもしれない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。