2015-05-23

アイルランドの同性結婚国民投票は、高い投票率が報告された。

性とメディア自然

BBC Newsは2015年05月22日に、投票はアイルランドで閉まった。
そこで、有権者は、同性の結婚を公認するかどうかにおいて国民投票に加わっている。

320万を超える人々は、結婚するために、彼らが、ゲイを許す国の構成と同性愛のカップルを改正したいかどうかを尋ねられた。

投票所は22時00分BSTに閉まり、カウントは土曜日の朝に始まった。

彼らは金曜日に「異常に、高く」投票率を報告した。

アイルランド国放送局RTEは言った。

ほとんどのエリアの出席者は、それが最近の国民投票にあったもの以上であった。

ダブリン(Dublin)、リメリック(Limerick)、およびウォーターフォード(Waterford)が60%選挙民出席者マークを通過したこと、コルク(Cork)、カーロー(Carlow)、キルケニー(Kilkenny)、ドニゴール(Donegal)、ティペラリー(Tipperary)、ケリー(Kerry)、およびゴールウェイ(Galway)が、それが50%以上であった。

金曜日に先がけて、票は、病院だけでなくいくつかの島、ホスピス、および老人ホームで、すでにされていた。

登録されるアイルランドの市民は、郵便の投票の制限された量によって、投票することを許される。

多くの人々は、投票するように、アイルランドに戻った。

それらは、それらがステートメントと合致しているかどうかを尋ねられた。
「結婚は、それらの性との区別なしで法律に従って契約が2人の人により結ばれうる。」

アイルランドで同性愛の行為が解禁された22年後に、国民投票は保持されていた。

もし変化が承認されるならば、アイルランドは、一般投票を通じて同性の結婚を公認するために、最初の国になるであろう。

2010年に、アイルランド政府は文民のパートナーシップ立法を制定した。
それはゲイなカップルのための法律の認識を提供した。

しかし、文民のパートナーシップと結婚、文民のパートナーシップがそうではない間の構成において結婚が保護されることである危険なもののいくつかの重要な違いがある。

2013年にアイルランド政府により設立された憲法制定会議(constitutional convention)は、構成に他の変化を議論することだけでなく、拡張結婚権利と同時に、提案の細目を考慮した。

それは、国民投票を同性の結婚に保持することを支持して投票し、日付は今年早く首相(総理大臣)エンダケニーにより発表された。

別個の国民投票は、カーローキルケニー選挙区(Carlow-Kilkenny constituency)の議会の補欠選挙とともに、大統領候補の適任時代が35歳から21歳まで下げられるべきであるかどうかに同時に保持されている。

同性の結婚は世界的な19の国で現在合法である。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」はは2015年05月23日に、選挙管理委員Ríona Ní Fhlanghaileが国民投の結果を公表し、アイルランドが1,201,607票によって同性の結婚YES票を投票し、734,300票がNOに投票したと宣言した。それははい37.9%NOで、62.1%がYESである。全体の投票率は60.5%であったと報告した。