2015-05-23

クモはどのように「愛の音」を引き起こすか!?

性とメディア自然

BBC Newsは、科学者は共通のクモの音楽的で、軽薄な側を明らかにしたと報告した。

アレキサンダー・スウェガー(Alexander Sweger)とシンシナティ大学の教授ジョージ・ウッツ(Prof George Uetz from the University of Cincinnati)は、いわゆるゴロゴロと喉を鳴らしているドクグモGladicosa gulosaの衝撃の求愛行動を記録した。

彼らは雌に雄のクモの呼び出しをし、音を伝えるためにそれらが葉を使用することを明らかにした。

彼らは音響学会年次総会(Acoustical Society of America annual meeting)で発見を提出した。

研究者は、これが音ベースの通信の最も早い発展についての手掛かりを提供できたと考えている。

チームがこの北アメリカのクモ種について、それらの研究を始めた時には、 エコロジストは、それらは見つけ、出版された少数のドキュメントで、それについて言及し、それが作った音は、静かな「chorus of spiders(クモの合唱団)」で、米国の森林で聞こえると報告した。

ほとんどのクモは、それらの足を通って、互いに、獲物と略奪者の存在を感知して物質的な振動を使い、検出する。

アレキサンダー・スウェガーはBBCニュースに、
「私は、通信するために、鳴り響く音を用いて輸送するこの種について知りたいと決めました。」と言った。

これをするために、彼とチームは、小さいクモ記録スタジオを設置し、雄が種々の表面で、彼らが作った音を記録すると、すぐにクモがどのように動くカを調べた。

雌からは、香りキューを使うので、研究者は、ゴロゴロと喉を鳴らすために、彼らが、特別な櫛似の表面を横切る「stridulatory organ(かん高い音を出す器官)」を引きずって作る音に合わせて、雄のドクグモを引き起こすことができた。

それらをその時記録し、雌のクモに音を再生した。これは雌が、雄が物質的な振動より、産出した、空輸される音にだけさらされることを保証した。

これはソースと受領者のために、もしクモが、容易に震えた葉似の表面にいたならば、セレナーデが働くだけであると明らかにした。。

「私達は、それが、音の空輸されるコンポーネントについて責任がある基板自身であると気付いた。」と、アレキサンダー・スウェガーは言った。

「花崗岩、木材またはほこりの上で、あなたはどの振動もほとんどどの音のためにも小さくなくなる。」

「しかし、葉、紙または羊皮紙、あなたは振動を得て、あなたは、空輸される音を得る。」

教授ジョージ・ウッツは、BBCニュースに、「雌のクモは、振動を拾、従って、音は葉からそれらに葉に伝えられる。」と言った。

クモは、それらの足に特別な感覚器官を持っていると教授ジョージ・ウッツが説明した。「それらはsensillaeと呼ばれる。それらはその膝に多少ある。それは、どのように彼らに聞こえるかである。」

もし森林フロアを通って歌うために、クモが適応させて、この行動が原始的な音ベースの通信の非常に早い発展を示すなら、研究者は、それ見つけ出すことを望んでいると報告した。

ぜひ、この愛の音(sounds of love)で曲を作って欲しい!
五月蠅いだけかもしれない。

これを聞くのは野暮かもしれないが----
dailymailは、愛の音(sounds of love)を公開している。