2015年05月17日

ローマ皇帝のようなプーチン大統領の胸像を公開。

人物

AFPは2015年05月18日に、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領の支持団体が、ローマ皇帝の衣装をまとった威厳あるプーチン大統領の胸像を公開したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

このブロンズ風の胸像は、プーチン大統領の出身地サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)から約20km離れた、ウクライナと南ロシアなどに生活していた軍事的共同体コサック(козак/Cossack)の団体が所有する土地に建てられたもので、高さは約50cmである。

胸当てを着け、ひだの寄った古代ローマの一枚布の外衣トーガ(toga)を身に着けたプーチン大統領を表現している。

彫刻家のパベル・グレシニコフ(Pavel Greshnikov)が、人工樹脂を使って制作した。

サンクトペテルブルク郊外で活動するコサック団体の代表は、「クリミア半島をロシアに取り戻した征服者であり、優れた指導者であるウラジーミル・プーチンの姿を永遠にとどめたかった。」としている。

コサックは、ロシア帝国の国境警備に当たった騎馬民族を祖先に持ち、ロシア政府に対する忠誠心が非常に高い部族である。

サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)のGoogle Earthポインター情報
59°56'03.4"N 30°20'09.9"E
または、
59.934281, 30.336078

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。