2015年05月17日

タリバンが、カブールでEUPOL車列に自爆攻撃。

戦争と平和

AFPは、アフガニスタンの首都カブール(Kabul)の空港付近で2015年05月17日朝に、道路が混雑する時間帯を狙って、外国治安部隊の車列を狙った同国の旧支配勢力タリバン(Taliban)の自爆攻撃があったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この攻撃でEU(European Union/欧州連合)のEUPOL Afghanistan(European Union mission to support and train police in Afghanistan/アフガニスタン警察ミッション)の要員1人を含む3人が死亡し、少なくとも18人が負傷したと当局者らが明らかにした。

カブール警察のスポークスマンがAFPに語ったところによると、実行犯は午前9時(日本時間同日午後1時30分)ごろ、外国治安部隊の車列を狙って乗用車を爆発させた。
これまでに女性2人が死亡、18人が負傷したことが確認されている。スポークスマンは、これらの死傷者は全員民間人だと述べ、負傷者に子ども3人が含まれていると付け加えた。

一方、EUPOLのアジズ・バサム(Aziz Basam)上級報道官は、同ミッションの要員1人が死亡したと述べた。上級報道官はAFPに対し、「現時点で言えるのは、攻撃当時に現場にはEUPOLの車両が2台あり、乗っていた外国人要員1人が死亡したことだけである。」と語り、死亡した要員の国籍も明らかにしなかった。

また、EUPOLは別の声明で、車内にいた要員3人が負傷したものの、命に別条はないもようだと発表した。

タリバンのザビフラ・ムジャヒド(Zabihullah Mujahid)報道官はツイッター(Twitter)に「カブール空港のゲートの近くで外国の治安部隊を狙った自爆攻撃を実施した」と書き込み、犯行を認めた。

カブールでは2015年05月13日夜に、外国人客に人気の宿泊施設がタリバンに襲撃され、主に外国人の14人が死亡したばかりだった。

タリバンは、確実に進化している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。