AD SPACE

2015-05-16

オゾン・ホールの発見で、どのように私達の生活を変更したか?

自然美容と医学の科学経済

BBC Newsは、30年前、ケンブリッジからの3人の科学者が、潜在的に致命的な太陽放出から私達を保護している空で高いシールドというオゾン層に穴を、発見した。それは、私達がいくつかの重要な点で住んでいる方法を変更し、国際関係から美容製品にまで及んでいたと報告した。

ブライアン・ガーディナー(Brian Gardiner)およびジョー・ファルマン(Joe Farman)とともに、ジョナサン・シャンクリン(Jonathan Shanklin)は、1985年にオゾン層の穴を発見した南極調査研究所チームの一部であった。
「私は、私が世界を変更したと思う」と、彼は、「私達の環境はどれほどもろく、私達がそれの危険を覚悟して改変するべきであるか」として、彼の発見物の最も大きい遺産のうちの1つを引用して言う。
この危険への反応は大胆で、決定的で、時々驚くべきである。

わたしも最初に、それをニュースで読んだとき、もう駄目かもしれないと思った。

[AD] You can advertise on this site.

1985年の前には、ほとんどの人々は、休日の主要な目的を、ローストされたあなたの皮膚でUKに戻ることであると外国で考えた。

太陽の光線を強めるために、何人かの人々が、特別ななめしているローションを購入することさえした。
特に太陽保護クリームを使い、奇妙で、乱雑なビジネスであった多くの人のために、そして、あまり男ではない。
オゾンホールはすべてのそれを変更した。皮膚科学者で、英国学術協会の教授シャーロット・プロビー(rof Charlotte Proby, of the British Association of Dermatologists)は言う。
「オーストラリアは私達の前にかなりあった。」「彼らは人々をそれにサインアップさせた。」と、彼女は言う。

「対蹠のクリケット、ラグビー、およびテニススターは、戦いペイントで神のものであるようであったものを付けている。トウィッケナム(Twickenham)と、ウィンブルドン(Wimbledon)で突然現れていた。
それはもちろん、それは酸化亜鉛太陽ブロックであった。そのような風景は、プロビー教授が助けられると言うイギリスの太陽保護クリームで、慣習を統一する。
まだ、彼女が警告する太陽クリーム使用についてのメッセージもであったかもしれない。太陽保護の正しいの量は皮タイプに依存する。皮がより暗くあるにつれて、少ない保護が必要である。
「人々は、太陽スクリーンを抱擁する。しかし、振り子は他の方法を揺り動かし、今や、何人かの人々が得る日光のレベルは十分ではない。」「私達は現在ビタミンD不足(Vitamin D deficiency)とくる病(rickets)のケースを見ている。」と、スコット教授は言う。

1985年の前まで入手可能で、過去の20年間ブームであったスプレー日焼は、消えた。

もし 「悪役」が、明確に、それを起こすので非難されたエーロゾルと冷蔵庫であったならば、オゾンホールが物語のヒーローであると気づいたケンブリッジ科学者であった。
これらに含まれていたフロン(CFCs)は、オゾン層を通って食べた。いったんオゾン層穴が発見されたら、それらは地球を横切って迅速に禁止された。
突然店棚には、「ozone friendly」、「environmentally friendly」、「CFC free」などの新しい広告スローガンが殺到した。

CFCsへの禁止のため恐れがあるのを感じていたかもしれないメーカーは、代わりに、オゾンホールを抱擁し、代わりの化合物を使った商品を売るために、それらの有利さにそれを使用したと、気象学者教授デイビッド・ボーン(David Vaughan)は言った。
そして、それらに買われた民族が教授ボーンが言ったと言い、実際、それらの行動を変更する必要があらずに、似たものに作られ、人々感触をそうするために、それらは有益性で何かをした。
「私達はまだエーロゾルを持ち、それらはCFCsを全く使わない」と、彼は付け加える。
「CFCsへの代案の開発はオゾン層穴の発見の前に始まった。商業用の自発性がそこにあったので、これらの選択肢へのシフトはそんなによく働いた。」

オゾン層の穴の発見は、共有されたゴールとともに世界の国家が来た時に可能であったものを示した。
このケースにおいて地球を救う。
穴の発見の2年後に、オゾン層を保護するために、国際協定が結ばれた。
モントリオール・プロトコル(Montreal Protocol)をいっそう例外的にしたものは、それについて同感であったスピードであった。
南極調査研究所のディレクター教授ジェーン・フランシス(Prof Jane Francis, director of the British Antarctic Survey)が、「本当の驚嘆」であったと言う。
1987年に、46の州でサインされた取引は、一般的な批准を達成するために、最初の国連条約になり続けた。
2010年までに、プロトコルへのパーティーは、協定の下でコントロールされた化学薬品のうちのすべての98%の消費の外で段階的に実行した。
以前の国連事務総長コフィ・アナン(Kofi Annan, former Secretary General of the United Nations)は、モントリオールが、「たぶん、今までの単一で、最も成功した国際協定」であると言った。

そこには家電メーカーの思惑があった。
『これは儲かる!』

「オゾンホールの発見についての最も驚異的な物のうちの1つ 」は、それが政治のセンター段階で環境問題を推進した方法であったと、教授ジェーンフランシスは言う。
その環境の懸念は新しくなかった。とんでもない。
オゾンホールの前では、1950年代のロンドンスモッグ(London smog)などの環境問題、または明らかになった1970年代の有毒な殺虫剤DDTの使用が扱われて、それから消えた。
しかし、1985年まで、政治の環境問題は、壁に対してバウンドしたテニスボールに似ていた。
オゾン層の穴はこれのうちのすべてを変更した。
テニスボールは、壁に宿泊し、「環境」を一定の政治的な問題に変えた。
今年、主要な政党すべては、有機農場の木を植えるprioritisingサポート、更新できるエネルギーを促進することを含み、排出車0台に投資している環境の誓約を捧げた。
イギリスの自然な環境を残す世代として、新しい保守的な政府は、「Vote blue, Go green」は、誰の2010年のスローガンであった。それが1番目を送らせる約束で、よりよい状態に、私達がそれを発見した。
「環境」を、「ライフを、生きている価値があるようにする物の多くのための不器用な言葉」と評したそれらの1983宣言からのちょっとした変化であった。

環境問題は、企業が儲かることで発展した。

つまり、環境と言って国民に買い換えを強制した。
ビジネスがなければ、環境は無視された。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.