2015-05-15

Googleと、元FIA会長の「乱交写真」めぐる訴訟で和解。

性とメディア

AFPは、Googleと、75歳のFIA(International Automobile Federation/国際自動車連盟)元会長のマックス・モズレー(Max Mosley)が、同氏の参加した「SM乱交パーティー」の画像をめぐる法廷闘争で和解に至ったとマックス・モズレーの代理人が2015年05月15日に、明らかにしたと報告した。

ドイツでは、「SM乱交パーティー」が違法ではない。

ただし、Googleのプライバシー侵害は犯罪である。

代理人はAFPの取材に対し、双方が和解で同意したことを認めた上で、和解内容は公表できないと語った。
Googleの広報担当もAFPに対し、両者が和解で合意したことを認めた。

ドイツの裁判所は2014年01月に、Google対し、問題の画像が同社のドイツ版サイト「google.de」に表示されることを防ぐ措置を講じなければならないとの判決を下した。
同様の判決はフランスでもこの2か月前に出されていた。

当然の判決で、公開したことでの損害はGoogleに請求できる。

ドイツの裁判所は、該当の画像6枚について、すでに廃刊したイギリス大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド(News of the World)」がモズレーのプライバシーを著しく侵害して撮影した映像をもとに作成されたものだと判断した。Googleは判決当時、上訴する方針を明らかにしていた。

それは無意味だろう。

ゴシップ主義のプライバシー侵害は重罪である。

1973年06月07日に、ドイツでセックスはあくまでも個人の自由であり、国は一切介入しないという性犯罪取締法改正案が可決され、ポルノがほぼ全面的に解禁された。

ただし、18歳未満の児童ポルノに関しては、非常に厳しい犯罪コードがある!
18歳未満のハードコア・ポルノグラフィーを供給することは不法である。

児童買春、児童売春には、厳しい罰則規定がある。

ドイツ国内のポルノを主催するWebサイトは、見る人が18歳以上であることを確認することに関する非常に厳しい規則に従うことになる。

ドイツの法律は、児童ポルノグラフィー(14、§184b刑法に未成年)および青年ポルノグラフィー(14および§184cの刑法〜18未満)を完全に区別している。

暴力または獣姦に関するポルノグラフィーの生産は許されていないし、配信もゆるされないが、所有することは合法である。

1973-06-07---ドイツで、ポルノがほぼ全面的に解禁された。
0000-06-07---ドイツのセックス解放記念日

Related Dates