on-the-time.jp

2015年05月15日

新記録には達しなかった不幸な巨大うなぎ!

自然

BBC Newsは、この巨大で、不幸なうなぎは、ほんの少しで新記録を逃したと報告した。

鰻丼なら、何人分でしょう?
鰻丼にする前に、人間が食われそうです。

このうなぎは、デボン(Devon)の沿岸からの漁師に、偶然トロール船によりつかまえられた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

それが引き上げられ、運搬された時に死んでので、漁師はプリマスで、それを£40でそれが販売された。

£40=7540.67317日本円
良く買った人がいたものである。

プリマス漁場(Plymouth Fisheries)は、このうなぎは、131lb (59kg)で、これまでの記録は133lb 4oz (60kg)であったと言っている。

プリマス漁場のマネジャーのはピート・ブロムリー(Pete Bromley, manager of Plymouth fisheries)は、「それはただ偶然非常に不運な大きい魚である。』と言った。

このうなぎは、約20ft(6m)だった。

しかし、ピート・ブロムリーは釣り上げられたので写真が欺瞞的で、実際約7ft(2.1m)の長さであると言った。

「それは確かに、私達の市場のために非常に大きく、非常に異常である」と、彼は言った。

「それは、ほとんど商品価値がない。」

「しかし、それは非常に印象的な魚であり、どのような釣り人に記念日を作ったであろう。」と言った。

漁師スコット・ゴビー(Fisherman Scott Govier)のコメントは得られなかった。

Conger eels
Generally found hiding in the many wrecks which litter the South West or on reefs and rocky ground
Despite their size and power they are not very strong swimmers
Congers can reach nearly 10ft (3m) long
They will eat almost any seafood they find, from octopus to crabs to fish
They are most active at night as they leave their resting place to hunt
Source: Plymouth Fisheries/BBC Autumnwatch

プリマス漁場(Plymouth Fisheries)のGoogle Earthポインター情報
50°22'01.5"N 4°07'53.3"W
または、
50.367081, -4.131461

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告