gaYa広告

2015年05月15日

伝説ブルースの王BBキングが死去した。

人物美容と医学の科学音楽

BBC Newsは2015年05月15日に、「ブルースのキング」伝説のギター奏者で歌手のBBキングは、89歳で死去したと報告した。

今月の初めに、危ないと聞いていたが----、

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ヒット曲Lucille、Sweet Black Angel、Rock Me Babyで知られているBBキングは、ラスベガス(Las Vegas)で眠るように死んだと言われている。

ミシシッピ(Mississippi)で生まれたBBキングは、1940年代に働きはじめて、エリック・クラプトン(Eric Clapton)とU2などのミュージシャンに影響し続けて、働いた。

いったんすべての時間の中で3番目に偉大なギター奏者に分類されたら、彼は健康をここ数ヶ月悪くして、被っていた。

彼は最近糖尿病関連の病気によって病院に連れて行かれた。

以前の農場労働者BBキングは、彼のアルバムOne Kind Favorで2009年に15番目のグラミー賞を授与された。

彼はまた、ブルース財団栄誉殿堂とロックンロール栄誉殿堂に任命された。

雑誌ローリング・ストーン(Rolling Stone)はすべての時間の100人の最も偉大なギター奏者のリストで、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)とデュアン・アルマン(Duane Allman)だけが、BBキングの前にいた。

最近まで、キングleast 100 concerts a yearで演奏した。

彼は、彼の愛するギター、彼が「Lucille」を愛をこめてダビングしたギブソンES-344のジャズとブルースを一緒に溶融させた。

彼のキャリアの早い部分において、彼は演奏した聴衆を独占的に黒くするけれども、彼の誠実なボーカルと紛れもない才能は、時間が経過すると、彼がずっと広いfanbaseに抱擁されるのを見た。ヨーロッパを旅行し、チャートを超えている。

彼の仕事を賞賛したエリック・クラプトンやスティーブミラー(Steve Miller)などのより若いミュージシャンは、遅い60年代に、The Thrill is Goneのようなヒットによって彼を新しい1世代のファンに紹介した。

アルバムは、ロンドンのコック郡刑務所(County Cook Jail)とBBキングのライブでなどので続いていた。

彼のキャリアは、U2と彼のWhen Love Comes To Townで1980年代遅くに再点火された。

年老いたミレニアムの回転の時に、もう一度、75歳で、エリック・クラプトンとのコラボレーションRiding With the Kingによって主要な商業用の成功を達成した。

「キングは、現在ジャズのルイ・アームストロング(Louis Armstrong's once was with jazz)とブルースと同義の名前である。」と、批評家フランシスデイビス(Francis Davis)は、彼の1995の本に「The History of the Blues. "You don't have to be a blues fan to have heard of King."」と書いた。

BBキングを追悼するため、途中で野暮な広告が途中で入らないYouTubeだけを紹介することにした。

BBキングとジミー・ヘンドリックスのコラボもあるが、広告まみれであった。
野暮で、どうしようも無いGoogle!

だったら、1曲だけ頭が壊れそうなジミー・ヘンドリックスを聴きたくなった!

2015-05-02---ブルースの男BBキング、Now『家庭のホスピス・ケア』

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト