gaYa広告

2015年04月16日

シーザーは、軽度の脳卒中を何度も起こしていた!?

美容と医学の科学超過去

AFPは、代ローマのユリウス・シーザー(Julius Caesar)は、軽度の脳卒中を何度も起こしていた可能性があるという新説を、イギリスのロンドン大学インペリアルカレッジ(Imperial College London)の医師チームがこのたび発表したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

落ち込んでいたとされる晩年の精神状態は、これで説明がつくと言っていた。

紀元前100年ごろに生まれ、同44年に暗殺されたカエサルをめぐっては、長年にわたり医学的な議論が交わされてきた。これまでの通説では、シーザーがてんかんを患っていたとされていた。

だが、目まいや立ちくらみ、手足に力が入らないなどの症状を再調査した研究チームは、シーザーが実際には循環器系の疾患に悩まされていた可能性があるとの結論を下した。

研究を発表したフランチェスコ・ガラシ(Francesco Galassi)とフタン・アシュラフィアン(Hutan Ashrafian)は、研究の抄録で「これまで、私事の時間でも国事に従事していた時間でも、身体面での問題が他には無かったとの理由から、シーザーの心臓血管疾患の可能性は排除されてきた」と指摘。そして「シーザーの症状を再評価すると、スペインのコルドバ(Cordoba)とアフリカのタプスス(Thapsus)での軍事行動中に倒れたことがあった点に注目できる」と続けている。

シーザーは頭痛やめまいなどの症状を訴えていた他、立ち上がる際に意識を失ったこともあるとされる。紀元前46年の「タプススの戦い(Battle of Thapsus)」で卒倒し、安全な場所まで搬送されたことについてはよく知られている。

フランチェスコ・ガラシは、「シーザーの生涯で報告された症状すべては、彼が軽度脳卒中を複数回発症していたことと適合する」とイギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」に述べている。

また、ローマ時代の博物学者大プリニウス(Pliny the Elder)のものを含む古代文献を調査した研究チームは、晩年にみられた性格の変化やうつ状態については、軽度脳卒中に起因する脳への損傷によるものと説明できるとした。

シーザーの統治時代、てんかんは「神聖な病」とみなされていたため、このことが彼の病気の診断に影響した可能性があると研究チームは説明していると報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告