gaYa広告

2015年04月17日

驚異!アマゾン先住民から、抗生物質耐性遺伝子約30種を確認。

宗教自然美容と医学の科学

AFPは2015年04月25日に、2015年04月17日の米国科学誌「サイエンス(Science)」電子版で、南米ベネズエラのアマゾン(Amazon)で暮らす先住民ヤノマミ(Yanomami)は、これまで外界との接触がほとんどなかったにもかかわらず、抗生物質耐性を持つ遺伝子約30種を保持しているとの研究結果が発表されたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ヤノマミの人々の存在は、2008年に初めて上空から確認された。
2009年にベネズエラの医療チームが集落を訪れ、34人から肌や口内の粘膜、便などのサンプルを採取した。
そして体内や体表上に生息するバクテリアや菌類、ウイルスなどの細菌叢(Microbiome/マイクロバイオーム)について調べたところ、ベネズエラやアフリカ・マラウイの先住民と比べ、ヤノマミの人々の細菌叢は、はるかに多様性に富んでいることが分かった。
また、米国人の対照群と比べると多様性は2倍だった。

Microbiome of uncontacted Amerindians
Jose C. Clemente1,2,*,
Erica C. Pehrsson3,*,
Martin J. Blaser4,5,
Kuldip Sandhu5,†,
Zhan Gao5, Bin Wang3,
Magda Magris6,
Glida Hidalgo6,
Monica Contreras7,
Óscar Noya-Alarcón6,
Orlana Lander8,
Jeremy McDonald9,
Mike Cox9,
Jens Walter10,‡,
Phaik Lyn Oh10,
Jean F. Ruiz11,
Selena Rodriguez11,
Nan Shen1, Se Jin Song12,
Jessica Metcalf12,
Rob Knight12,13,§,
Gautam Dantas3,14 and
M. Gloria Dominguez-Bello5,7,11,¶
1Department of Genetics and Genomic Sciences, Icahn School of Medicine at Mount Sinai, New York, NY 10029, USA.
2Immunology Institute, Icahn School of Medicine at Mount Sinai, New York, NY 10029, USA.
3Center for Genome Sciences & Systems Biology, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63108, USA.
4Laboratory Service, VA Medical Center, New York, NY 10010, USA.
5New York University School of Medicine, New York, NY 10016, USA.
6Amazonic Center for Research and Control of Tropical Diseases (CAICET), Puerto Ayacucho 7101, Venezuela.
7Venezuelan Institute for Scientific Research, Caracas 1020-A, Venezuela.
8Sección de Ecología Parasitaria, Instituto de Medicina Tropical, Universidad Central de Venezuela, Caracas 1051, Venezuela.
9Anaerobe Systems, Morgan Hill, CA 95037, USA.
10Department of Food Science and Technology, University of Nebraska, Lincoln, NE 68583, USA.
11Department of Biology, University of Puerto Rico, Rio Piedras 00931, Puerto Rico.
12Department of Chemistry and Biochemistry, University of Colorado, Boulder, CO 80309, USA.
13Howard Hughes Medical Institute, University of Colorado, Boulder, CO 80309, USA.
14Department of Pathology and Immunology, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.

Science Advances 17 Apr 2015: Vol. 1 no. 3 e1500183
DOI: 10.1126/sciadv.1500183

Science 17 April 2015: 298.
[DOI:10.1126/science.348.6232.298-a]

ヤノマミの人々の健康状態はおおむね良好だが、これは体内のマイクロバイオームが、これまで人間の集団で確認された中で最高水準の多様性を持つ微生物で構成されていることが影響していると、研究チームはみている。

ヤノマミの人々はTシャツや山刀、金属の缶を持っており、限定的に現代社会との接触があったとみられているが、加工食品の摂取や抗生物質の服用、手の消毒、帝王切開による出産など、微生物を減少させてしまう現代生活の要素の多くにさらされていないと言っている。

論文の著者の一人、米国ニューヨーク大学(New York University)医学部のマリア・グロリア・ドミンゲス・ベロ(Maria Gloria Dominguez-Bello)准教授は、研究対象となったヤノマミの人々には肥満や栄養失調の兆候はみられなかったと述べた。
ヤノマミの人々は魚やカエル、昆虫、バナナ、発酵させたキャッサバの飲料などを摂取して暮らしている。

研究チームは、ヤノマミの人々は抗生物質に対するある種の耐性を持っているのではないかと考えた。土壌中の細菌には数百万年以上にわたって、抗生物質への耐性を持つそうした遺伝子が存在しており、たとえ抗生物質を服用したことがなくても、この遺伝子が人間に移転することは理にかなっていると言っている。

研究の結果、驚くべきことにヤノマミの人々からは科学史上、発見されたことのない抗生物質耐性を持つ遺伝子30種近くが確認された。
さらに、これらの遺伝子は最近開発されたばかりの合成抗菌剤の一部に対しても耐性を示したと言っている。

論文の共同著者、ワシントン大学(Washington University)医学部のゴータム・ダンタス(Gautam Dantas)は「ヤノマミの人々から、近代的な合成薬を不活性させる遺伝子が見つかったことは憂慮すべきである。これは、抗生物質耐性が人間の細菌叢の自然の特性であり、しかし、抗生物質を使用した後に、その耐性が現れ増幅することを示す、明確で新たな証拠だと考えている。」と報道陣に語った。

抗生物質の時代は、ペニシリンが急速に普及した1940年代に始まり、その後50〜70年代にかけて多くの抗生物質が発見され、市場に登場した。
その大半は土壌微生物に由来する。抗生物質は人間や家畜に広く使用されているが、近い将来、抗生物質が全く効かなくなり、致死率の高い感染症が再び流行するのではないかと懸念されている。

2015-04-04---卵が見直されているが、専門知識不足!詐欺も多い!
2015-03-30---古代の治療法が、感染を破るキーであるかもしれない。
2015-02-18---医師は、『抗生物質の規定と同時に詮索するべきである。』
2015-01-07---新たな抗生物質を画期的手法で開発。
2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-06-03---200人以上が毎日死んでいる「MRSA」に対する戦いで、新しい武器。
2014-05-16---薬と食べ物の間違った危険な食い合わせ。
2014-05-07---マイリー・サイラスは、「薬過剰服用」が入院を引き起こしたことを否定。
2014-04-22---牛糞から、80種の抗生物質耐性遺伝子を検出。
2014-04-06---致命的なバクテリアとウィルスのDNA解読プログラムを開始。
2014-01-28---腺ペストは再び襲うことができるか?
2014-01-15---除草剤の効かない雑草が、米国で大繁殖。
2013-09-19---ハツカネズミには「猫に対する固有の恐れを失う場合がある。」
2013-08-27---キルギスタンで15歳の牛飼いは、腺ペストで死亡。
2013-07-26---ロサンジェルス公園で、黒死病か?
2013-05-22---ビタミンCは、実験室試験段階で、薬剤耐性のTBを殺した。
2013-04-29---マラリア薬artemisininより強い、遺伝学的に異なる寄生動物を発見。
2013-03-30---チョコレートは、吹き出物を作るか?
2013-03-11---抗生物質の黙示録。
2012-08-06---化学療法の不注意で、癌抵抗を引き起こす!
2012-05-22---新薬開発の終了?
2012-04-05---マラリアが、抵抗力を付けている!
2012-02-28---睡眠薬の服用は、死亡率が高かった!?
2012-02-03---マラリア死は多いのに、過小評価!
2011-10-11---世界で結核で病気になる人々の数が初めて減少。
2011-08-03---カリフォルニアで、薬に抵抗力があるサルモネラ菌の大発生!
2011-07-11---日本で、治療薬がない淋病を引き起こすバクテリアの新種を発見!
2011-05-31---入院患者の携帯電話で感染する危険なバクテリア。
2011-04-04---米国に輸入されたシーフードの安全管理。
2010-09-06---日本で初めて、「NDM-1」の感染者が確認された。
2010-09-06---ゴキブリから、多剤耐性菌にも効果がある抗生物質を発見!
2010-08-15---薬が効かない細菌「薬剤耐性菌」でベルギー人男性が死亡。
2007-10-15---米国ではエイズより、ブドウ球菌で多くが死んでいる!

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。