gaYa広告

2015年04月15日

ベンダ・ノッチで、NFC-ベースのSIM出荷に強い成長。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、HCE(host card emulation/ホスト・カードエミュレーション)テクノロジーとtokenisationを含むモバイルの支払いを可能にすることへの他のアプローチの成長人気にもかかわらず、産業ボディで2014年にSIMalliance発表で力強いNFC出荷が描かれていると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

同盟によると、NFCを可能にされたSIMカードのグローバルな出荷は、2014年に1億3200万ユニットに69%を撃った。
そのメンバーが、グローバルなSIMカード市場の約90%を表している。

初めて、NFC-ベースのSIMカードのボリュームで北アメリカをしのいでいた日本/韓国の出荷があった。
それが、モバイル支払いへの違うアプローチに使うので、米国のApple Payいの高姿勢スタートは寄付のファクターではなかったけれども、米国は、昨年、カナダの安全な要素ベースのNFCイニシアチブの人気部分への感謝の時に、4600万のユニットまで92%上昇した。

実に、SIMalliance数値は、競争するアプローチの面前でにそれらの力のため著しかった。
ますます多くの銀行だけでなくApple Payのための初期の人気にもかかわらず成長が起こったこと、および年の間にHCEを採用している他の金融機関。
HCEは、安全な要素へのアクセスに頼らずにモバイル支払いなどのNFCサービスを可能にする。

その間、2014の間に、クラウドにだけでなく送受器の安全な要素において敏感なユーザーデータを離れて格納することを伴っているかもしれないいわゆるtokenisationに委任されたビザやマスターカードなどのクレジットカード巨人が参入した。

日本/韓国は、1つの数値あたり85%成長した3500万のNFC-ベースのSIM出荷で、ヨーロッパの2600万のユニットの前に出た。
さらに、それ自身の正しいのNFC-ベースのSIM市場として中国の出現に注目することは、出荷が2500万に達するので、値した。
それはかろうじてヨーロッパに追いついただけあった。

NFC-ベースのSIMsは静かである全体の市場 ても 急成長中のものの小数部だけで、全体のSIMカード出荷は2014年まで47億まで11%成長した。

これだけ急速に市場に拡大すると、これは、米国やヨーロッパ、日本、韓国、中国などの生産市場ではなく、SIMは途上国産業に貢献する環境で、製造すべきである。それをまだ作りたいと考えているのなら、その国は停滞する。

すべてが、技術を途上国へ流すから、全体の産業は成長する。
どこかで停留させると、成長は止まる。
つまり、欲張りは世界産業成長のバランスを壊す敵である。

今回のモバイル・マネーの産業発展構造が、それを証明した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。