2015年04月15日

AmexとJawboneは、支払いで同盟を発表。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、WSJ(The Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)からの情報として、クレジットカード巨人Amex(American Express/アメリカンエキスプレス)とウエアラブル会社Jawboneは、顧客が、NFC-ベースのフィットネスバンドのバーチャルなカードを使って店とレストランで活用して、支払い取引を公表したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

新しい配置は、デビューするために、Jawboneの最も新しいモデル、前運転UP3セットで利用可能ではないけれども、後でスタートの用意ができる。

支払い市場への多くの初心者のように、それ自身の支払い機器を作成するというよりも、Jawboneが、伝統的なクレジットカードのための財布を保守的であるが、効果的に提供することになる。

ウエアラブル会社は、Amexライバルとも作動することも計画しているか、または顧客のできる限り広いフットプリントを捜さないことが意外であるようであるが、ビザまたはマスターカードであるかどうかがクリアではない。
PayPalは別の潜在的なパートナーである。

ウエアラブルおよびアップル時計と他のsmartwatchesは、モバイル支払いのための興味深い潜在的な機器として出現する。

その部分のためにAmexは、近年新しい支払いイニシアチブを抱擁する時にその2つのライバルよりゆっくり動くようであった。
この発表は、それが、新しいテクノロジーを持つ傾向オンであることを示すために故意であるかもしれないと言っている。

ファッション業界は、驚きと共に、最先端を行くことが期待されている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。