gaYa広告

2015年04月23日

オーストラリアのイスラム学校、「処女喪失」で女子生徒のランニング禁止?

性とメディア

AFPは、オーストラリアのイスラム学校の女子生徒が、「処女を失う」恐れがあるとして、ランニング競技への参加を禁止されたとの申し立てがあり、当局は2015年04月23日に、同校の調査を開始したと発表した。

問題となっているのはビクトリア(Victoria)州メルボルン(Melbourne)のアルタクワ・カレッジ(Al-Taqwa College)で、ビクトリア州のジェームズ・メルリノ(James Merlino)教育相は2015年04月23日に、同校の元教員から申し立てがあり、事実であれば「非常に懸念すべきことだ」と語った。

メルボルンの新聞エイジ(The Age)紙によると、元教員は閣僚らに宛てた書簡で「校長は、女性が走り過ぎると『処女を失う』恐れがあるとの信念を持っている」と述べた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

さらに、「また校長は、サッカーで脚を骨折するなど、少女がけがをすると不妊になる恐れがあるとの考えに、科学的な根拠があると信じている」と言った。

同校のクロスカントリー競争チームは、2013年と14年に校長によって地区大会への出場を禁止されたと伝えられており、オーストラリアの新聞Age紙は、そのチームが書いたとみられる、校長の決定に反論する書簡を掲載した。

書簡の中でチームは「私たちが少女だからといって、ランニング競技に参加できないことにはならない。」と述べ、校長の決定について「(競技に)参加しようとしていた少女たち全員に対して非常に攻撃的だ」と批判した。

「処女信仰」は、いつも不思議なことになる。
日本でも、結婚までは「処女」と言う考えはあったが、結婚のときに突然セックスを奨励され、大混乱したようで、多くの逸話が残っている。

ある地域では、神主に処女を捧げてから、結婚をしたり、枕本という春画を与えられ、諸焼き起こることを教育した資料が多く、中山太郎の『日本の婚姻史」や『売笑三千年史』に出てくる。

アラブでは、9歳で結婚できることになっているが、スポーツで処女膜が破れることを禁止していることになる。

冷静に見ると、精神状態が異常な校長がいるのだろう。
こんな人に教育を委託できないので、すぐに放出すべきだろう。

日本にも精神異常としか考えられない教育者が多くなっているので、教育者審査を毎年実施し、そのような教育者は放出すべきだろう。

問題は、教育者審査基準いもあるかもしれない。

ビクトリア(Victoria)州メルボルン(Melbourne)のアルタクワ・カレッジ(Al-Taqwa College)のGoogle Earthポインター情報
37°51'16.3"S 144°43'18.7"E
または、
-37.854522, 144.721864

2014-07-28---イエメンの「交換結婚(swap marriage)」は、ときどき悲劇を生む。
2014-05-29---ニジェールで、幼い花嫁のための大金。
2014-05-14---これは、世界一幸運か?それとも不幸か?また、何がポピュラーか?なぜだ!
2013-10-31---技術はどのようにインドの結婚を変更しているか!?
2013-07-26---イエメンの幼い花嫁、オンライン苦境嘆願ビデオ。世界中で大爆発!
2012-05-25---虐げられた幼い花嫁から、大富豪になったインドの女性!
2010-04-02---イエメンの強制結婚制度で、13歳少女が性交時の出血で死亡。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。