2015年04月17日

ロンドンで、のみの市が消えかけている。

経済ファッション観光

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ロンドンで、通りの店のみの市が、大きいスーパーストアとオンライン・ショッピングのインパクトの方針食物と商品市場の中流化、または変化が、消滅の危険にあると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

私達は、都会生活の多くで、愛されている部分の低下を見ているか?
より排他的で、高価な何かと取り替えられる長年入手可能な通り市場である。

または、豪華なフラットのブロックでさえ?
たとえあなたがイギリスのどこでにいても、私達は、ローカルな市場で、あなたの考える低下または脅威であることについてのあなたの考えを聞きたいと言ってきた。
あなたの写真を共有しなさいとも言っている。

GuardianWitness、および私達を持つストーリーは、ガーディアンの都市によって選択を特集する。

GuardianWitnessは、ガーディアンのユーザー生成された内容のホームである。
あなたのビデオ、写真、および物語を寄与し、他により提出されたニュース、レビュー、および作成をブラウズし、投稿はGuardianWitnessでの出版に先がけてレビューされて、最もよい断片はガーディアンサイトで主演すると言っている。

少しづつ変化し、気が付くと大きく動いている。

私は、のみの市が好きで、道路を荷車を押して売りに来る古本屋を見つけると、どこでも無理矢理止めて、すべてをひっくり返して、紙くずを買う。

ときどき、明日持ってくると言って別れ、相手が来なかったり、私が行かなかったり、実にいい加減な市場である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告