on-the-time.jp

2015年04月17日

屋内のモールの創造者で、サザビーズ・スキャンダルの主役が死去した。

人物モバイル・マネー経済犯罪と裁判

CNNは2015年04月18日に、雨に降られないでショッピングできるか、またはP2P(point-to-point/ポイント・ツー・ポイント)からドライブするか、またはP2P(a new place to park公園への新しい場所)を捜し、アメリカの郊外居住者は、1人の人アメリカ人アルフレッド、トーブマン(Alfred Taubman)に感謝する。

屋内のショッピングモールを大衆化して郊外の生活面を変更した不動産開発者トーブマン、91歳で2015年04月17日金曜日に死去した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

発表は、彼の息子で、トーブマンの会長、社長兼最高経営責任者ロバート・トーブマン(Robert Taubman, the chairman, president and chief executive officer of Taubman)により、65年前彼の父が設立した会社でおこなわれた。

A.アルフレッド・トーブマンの彼のファーストネームがアドルフであった。ミシガン州のドイツ系ユダヤ人である移民として、1924年1月31日に誕生した。

「私が9歳であった時に、私は働き始めた。」と、彼は2007年にインタビュアーで言った。「私は本当にいくらかのお金を得たかった。」

1950年代に、彼は、アメリカの中流階級が郊外に引っ越していることに気づいた。そして、彼は、それが意味しているかもしれないものについて考えた。買い物をするために、すべてのそれらの人々には場所が必要である。

「人口は統計学的に、私は数を見て、私が心配していた限り、私達は失敗できなかった。」 彼は2007年に思い出した。「そして、私達はしなかった。」

実にしなかった。今年、フォーブス(Forbes)は彼の自己資本をUS$31億と見積もった。

しかし、もしアルフレッド・トーブマンが名声を得て、郊外生活(surburban life,)を定義した人々のうちの1人として数十億を集めたならば、彼はその上で、その方法に沿って悪名を得た。

1983年に、彼は有名な国際的な競売場サザビーズ(Sotheby's)を買収し、利益を最大化するために競売場委員会レートを定着させるためにクリスティーズ(Christie's)と共謀することについて有罪判決に続いて、2002年に、彼は拘留された。

サザビーズ価格操作スキャンダル(The Sotheby's price-fixing scandal)である。

彼は、刑務所で9ヶ月を過ごした後に、2003年に釈放された。彼はいつも彼の無実を維持し、言った 刑務所に行くことをやめるために、 彼の下っぱのうちの1人が、彼について嘘を言った 。

トーブマンは、詳説する彼の注意、および米国で最も有名なモールのうちのいくつかを開発することについて有名であった。

彼の最初のプロジェクトは、デトロイト(Detroit)の独立している花嫁店(freestanding bridal shop)であった。
60年代より多くで、彼の会社は、大陸の米国〈結晶でロサンゼルスのビバリーセンター(the Beverly Center in Los Angeles)、ニュージャージーのショート・ヒルズのモール(The Mall at Short Hills in New Jersey)、ラスベガスのクリスタルのショップ(The Shops at Crystals, in Las Vegas)などの有名な開発を含めて、約20のプロパティを運営した。

数年の間発展した彼のデザインは、モールではなく、戸外の開発の様々なスタイルを取り囲んでいただけである。
そして、彼の影響は、遠くにアメリカの土から、および中国と韓国の繁栄市場に伸びた。

2015-01-30---アメリカのモールは、倒産かオーバーホール。
2015-01-23---グッドバイ!等身大の雪男。
2015-01-06---誰もこれ以上屋内のショッピング・モールが好きではない理由。
2013-09-10---三越銀座店が、毎日売り上げ目標達成音楽!
2011-10-24---イギリスのデパートは、無料のWi-Fiを提供!
2010-09-11---銀座最大のデパート「銀座三越」が再オープンした。
1988-11-28---三越が、ピカソの「軽業師と若い道化師」を落札した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告