2015年04月17日

原子爆弾のモルモットにされた航空母艦。

戦争と平和

CNNは、先月水面下の無人機で難破を調査した連邦政府の研究者によると、日本の魚雷攻撃に耐えて、2つの原子爆弾突風のための大規模なモルモットであった以前のアメリカ海軍航空母艦は、顕著に太平洋の底でそのままに見えると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

USSインディペンデンス(The USS Independence)は、カリフォルニアのファラロン諸島の近くで武器のテストを0している間に、1951年1月に放棄された。その位置は2009年に調査によって立証されたけれども、NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration/海洋・大気庁)からの研究者は、2015年03月に、再び、プロジェクトの一部として、中で、およびFarallones全国船舶聖域(the Gulf of the Farallones National Marine Sanctuary)の湾のまわりに横たわっている約300難破船のマップを捜しに行った。

全国船舶聖域の米国海洋大気庁のオフィスのための海上の遺産ディレクターで、任務リーダーのジェームズ・デルガド(mission leader James Delgado, the maritime heritage director for NOAA's Office of National Marine Sanctuaries)は、ステートメントで、「海底でで64年の後に、USSインディペンデンスは、底で飛行機を飛び立たせるかのように止まっている。」と言った。

実に、ソナーイメージは、その操縦室に、飛行機を独立心の格納庫デッキから取り去ったエレベーターのうちの1つの飛行機であるように見るものを示す。NOAAによると、船は右舷にとるために、わずかなリストによって直立していて座る。

長さ623フィート、11,000トンキャリアのNOAAの調査は、エコーレンジャー(Echo Ranger)、エコーレンジャーがカリフォルニアのハーフムーンベイ(Half Moon Bay, California)のベースから30マイル旅行したボーイングから提供された長さ18.5フィート自治水面下で、乗り物により実施されて、キャリア上に150を抱え、それは太平洋の表面の2,600フィート下に横たわっている。無人機は、どれほどよく深みにおいて軍艦が64年を切り抜けたかを示したイメージを得るためにコーダ・オクタプス(Coda Octopus))から提供された三次元のソナーシステムを使った。

デルガドは、ステートメントで、「この船が太平洋の長く、難しい戦争を体験し、2つの原子爆弾の突風に服従していた後に、それは、産業の勢力、およびこの船を送った『最も大きい世代』のスキルの合図であるけれども、戦争へのそれらの愛する人。」と言った。

海軍のその20年において、船は、プロセス、および原子時代の夜明けに8人の戦いスターを得て第二次世界大戦(World War II)の最も重要なイベントのうちのいくつかで役割を果たした。

USSインディペンデンスは、1943年遅くにタラワの戦い(Battle of Tarawa)の間に日本の魚雷飛行機によりひどく損われた。

船は修理のためのカリフォルニアに戻り、シブヤン海戦(the Battle of the Sibuyan Sea)および大日本帝国海軍の最も大きい軍艦のうちの1隻戦艦武蔵(Japanese Imperial Navy's biggest warships, the battleship Musashi)を沈めた戦いに参加するために、1944年7月までに太平洋を横切って戻った。

後で、エンガニョ岬の戦い(the Battle of Cape Engano)において、USSインディペンデンスからの飛行機は、4隻の日本の航空母艦を沈めることに巻き込まれた。

戦争の後に、USSインディペンデンスは、1946年07月01日に太平洋のビキニ環礁で原子爆弾テストの効果を測定するために用いられた群団の一部になった。

包括的核実験停止条約組織によると、それは、最初のテストより1年早く、日本長崎の上で使われたものと同様の23キロトン原子爆弾の突風において爆心地からちょうど560ヤードを座らせた。

24日後で、USSインディペンデンスは2番目の23キロトン原子爆弾の水面下の爆発突風の爆心地から1,390ヤードであった。

船は、1951年にトレーニングしている武器の間に沈められる前の核の浄化のためのカリフォルニアまで曳航された。

NOAAは、放射能汚染のどの合図も、先月、沈められたキャリアの調査の間に言及されなかったと言った。

NOAAステートメントによると、エージェンシーはより一層の任務について、船に計画を全然持っていないと報告した。

日本の広島と長崎で、原爆で殺されたか、傷つけられた人達は、生きたモルモットであった。

戦後日本は、日米安保条約を締結した。
それは、日本が目覚めたときのコントロールのためであった。

それほど日本軍は、恐ろしい国であった。

現に、アラブで起こっているゲリラ攻撃は、日本とベトナムの戦術を手本にしている。
それらに空爆だけで勝てると考えたオバマ政権甘い考えが世界をさらに混乱させている。
米国は、勝てないことを前提基盤にして、戦術を変更すべきである。

Farallones全国船舶聖域(the Gulf of the Farallones National Marine Sanctuary)のUSSインディペンデンス(The USS Independence)のGoogle Earthポインター情報
37°29'49.4"N 123°04'17.4"W
または、
37.497050, -123.071508

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告