2015年04月17日

サラエボで、世界で一番大きなシチューに挑戦!

経済観光

AFPは2015年04月18日に、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ(Sarajevo)で2015年04月17日に、十数人のシェフと数十人のボランティアたちが、夜明けから8時間かけて約1万5000人分、4124kg相当のシチューを作ったと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

鶏肉1000kg、
ニンジン150kg、
セロリ50kg、
玉ねぎ約30kg、
オクラ15kg、
小麦粉100kg、
食用油100リットル、
バター50kgを使用したという。

ギネス世界記録(Guinness World Records)によるこれまでで最大のシチューは、昨年同じくボスニアで作られた4026kg分のシチューで、今回認定を受ければこの記録を抜いて世界最大のシチューとなる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告