2015年04月17日

デイヴィド・ホックニーは、難聴で、屋内へ動き、パースペクティブを変更。

アート

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ノースヨークシャー州の8年の景色ペイントの後に、アーティストは、ロサンジェルスに戻り、肖像画法および実験的な写真撮影を含む新しい章に戻ったと報告した。

ノースヨークシャー州で景色を描いて10年間のほとんどを過ごした後に、デイヴィド・ホックニーの新しいボディが決然とセットされて、「めがねなしの3D写真」として実験的な作品hedescribesを含む、屋内で仕事をしている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ここで初めて見られた作品は、ブリッドリントン(Bridlington)の8年の後、2013の夏に彼が戻った都市ロサンゼルスの彼のスタジオで作成された。

それらは、ホックニーが「写真の絵画(photographic paintings)」と呼んだものde、最も興味をそそり、カードプレーヤーのセザンヌで引き起こされた絵画(Cezanne-inspired paintings of card players)とたぶん、友人の肖像を含む。

新しい絵画と写真撮影は、2015年05月15日にロンドンのアネリー・ジュダ美術ギャラリー(Annely Juda Fine Art gallery in London)で展示される。

ホックニーのロンドン・ギャラリーのデイビッド・ジュダ(Hockney’s London gallerist David Juda)は、「彼は絶対のロールにちょうどいて、彼はクレージーのように働く。」
「私は、彼が2つの肖像を描いた9日のその時間ためのロサンゼルスにいた。」と言った。

写真の作品は、頭、ジャケット、シャツ、靴、壁、テーブルなどのホックニーを取っている数百の詳細な写真でデジタルに作成されて、それから、コラージュまたはジグソーパズルのようにそれらをまとめる。

それらすべてはパースペクティブへの彼の進行中の興味から生じる。

「普通の写真撮影は平らすぎる」と、アーティストはガーディアンに言った。
「もしあなたが目のように思われるなら、もしそれがあなたの死者でないなら、いつも動いている。
これは、ちょうど1の数百の消点があるのを意味している。」

ホックニーは、中国にいたことについて、23のオーダーオブメリットホルダーのためのバッキンガム宮殿で今週昼食を逃した、彼が彼の新しい写真に興奮したといわれている。
「要点はそれらである。ずっと本当であるようである 。」

彼の新しい写真は、引くことと同様なプロセスにおいてゆっくり組み立てられる。

「個々の写真は消点を持っている」 ショーのカタログで彼は言っている 。
「従って、ちょうど1の代わりに、私は多くの消点を得る。それは、めがねなしで彼らに大部分3D効果を与えると私が思うこれである。私は、これが写真撮影を新しい何かに広げると思う。」

いくつかが、デジタル写真およびフォトショッピングの容易が、より遠くに私達を真実から取り去ると言うことができる間、ホックニーは機会を除いた何も見ない。

彼は追加した:「もしあなたがそれについて本当に考えるならば、単一の写真は究極の現実主義者写真と考えられえないであろう。現在ではない。
デジタル写真は、私達を、180年間続く、化学的に課されたパースペクティブから解放できる。」

ジュダは、ホックニーが、人の目が見るものにより近いパースペクティブを作成していると言った。
「私達は、カメラが、デイビッドのように思われるように見えない写真として、絵画に置く。それは、写真撮影においてペイントするための完全に新しい方法である。」

見出しをつけられた「帰宅(Back Home)」であった先月のロサンジェルス・タイムズとのインタビューにおいて、ホックニーは、20年で彼が彼の最も生産的な期間になっていると言った。

大きい理由は、彼が、ピカソショー、Metの主要なキュービズムショーとマチスカットアウトを近代美術館、それがロンドンにあった時に最も成功したテート現代人であった展示会に取り入れたこの前の秋に、ニューヨークへの旅行であったと、彼が言った。

「私は戻り、私が見たものに完全にぞくぞくした」と、彼は言った。
「私達は日曜日に戻り、月曜日の朝に、私は向こうにおいてペイントしていた。私は、毎日働かせられたピカソを実現した。それは、あなたがしなければならないことである。」

大ヒット作の最高点に達し 2012年の王立美術院のビッグ絵画展示会(Royal Academy A Bigger Picture exhibition)、ホックニーは生産的な8年をブリッドリントンに過ごしたけれども、彼は、はっきりと、ロサンジェルスに戻ったことが、とてもうれしいことである。

彼は2013の夏にイギリスを残し、3月にスタジオアシスタントのドミニク・エリオット(Dominic Elliott)の死に続いていた。
死因は、酒と麻薬の終わりに、洗剤drain cleanerを飲んだ後にエリオットが死んでいるがを発見された。

ホックニーの前の年は、作品の多くによって特集されて、倒されて、それから、赤い落書きに吹きかけられたストロークおよび美しい木を持っていた。
「私を憂うつにしたのは何かである。」と、彼はその時言った。
「それは単に悪意であった。現在ここのまさしくその平均物のロードが、イギリスにある。」

たぶん、彼が言った時には、別の手掛かりが、彼の現在のスタジオベースの仕事の後ろの動機づけに与えられた。
「私が非常に耳が聞こえないので、私は現在ほとんど外出しない。もしあなたが外出するなら、それは時間のほとんど、何かを聞く必要があり、私は現在聞き取りを得意としない。私は音楽をもう聞くことができない。私は高い音を聞くことができず、私は低い音を聞くことができない。それは音楽が今や私を攻撃した。」と言った。

デイヴィド・ホックニーは、音が聞こえなくなって、3Dの世界。パースペクティブの変更に挑戦したのかもしれない。

ペイント友人と知人のホックニーの進行中のプロジェクトは、その間2016年に王立美術院に続き、終わるかもしれない。

・デイヴィド・ホックニー:絵画と写真撮影(David Hockney: Painting and Photography)は、ロンドンのAnnely Judaで、2015年05月15日から、06月27日にある。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告