2015年04月16日

麻薬の運び屋は、密輸入するためどんなことでもする!

麻薬とメディア

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、きちんと包まれたハッシッシを積み込んだ4x4を運転していた34歳のグアルディア市民(Guardia Civil)は、イスラ・クリスチーナ(Isla Cristina)で逮捕された。

多くの人は麻薬をスペインに密輸入するため、どんなことでもする。例えば。豊胸手術で胸に隠し、ハムとチーズ・サンドイッチで隠して持ち込もうとすると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし。34歳は南のスペインの都市イスラ・クリスチーナで先週阻止された。

警察は、積み上げられた1メートルトンを超えるハシーシで、彼が、車を、彼のまわりにきちんと包まれた束に打ち込むのを見つけた。

グアルディア市民である都市の海岸のエリアを調査することによって負担をかけられた役員は、ヘッドライトのスイッチが切れた車を午前2時頃気づいたと言った。

好奇心を刺激された警察は、4x4に近づいた。彼らがその時、パッケージの数ダースが車に積み上げられているのを見た。

グアルディア市民は、40束のハシーシ合計1,220kgを見つけたと言った。

34歳は公衆衛生法違反のため告発され、グアルディア市民の麻薬がどこから来,たのか聞き出すため尋問されていると言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告