on-the-time.jp

2015年04月17日

ドイツの故障者が相次いでいるバイエルン・ミュンヘンは、大丈夫か?

スポーツ

AFPは2015年04月17日に、ドイツ・ブンデスリーガ首位のバイエルン・ミュンヘン(Bayern München)は、故障者が相次いでいる中、2015年04月18日に行われる第29節の1899ホッフェンハイム(1899 Hoffenheim)戦で、FCポルト(FC Porto)に敗れた欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2014-15)準々決勝第1戦からの立て直しを図ろうとしていると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

バイエルンは現在、2位に勝ち点10差をつけており、今季残り6節で3勝すればリーグ3連覇が確定する。
しかし、2015年04月21日に本拠地アリアンツ・アレーナ・スタジアム(Allianz Arena Stadium)で行われるポルトとの第2戦では、1-3で敗れた第1戦からの逆転という困難な任務が待ち構えている。

アリエン・ロッベン(Arjen Robben)、フランク・リベリ(Franck Ribery)、バスティアン・シュバインシュタイガー(Bastian Schweinsteiger)が故障を抱えているバイエルンは、ここまで3、4日おきに試合をこなしており、現在はスター軍団の真価が問われているのが現状である。

ジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は、ポルトとの第2戦に向けて数選手に休養を与えるとされているが、ホッフェンハイムとの契約を2018年まで延長したマルクス・ギズドル(Markus Gisdol)監督は、バイエルンに付け入る隙があるとの見解を一蹴している。

「われわれはバイエルンがポルト戦で喫した敗戦を過度に意識すべきではない。彼らはそこから立ち直る力を十分すぎるほど備えている。」と言った。

2015年04月15日に今季限りでの退任を電撃発表したボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)のユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督だが、SCパーダーボルン07(SC Paderborn 07)との試合は普段通りに戦うと言っている。

2010-11シーズンと2011-12シーズンにドルトムントをリーグ連覇に導き、過去2シーズンのリーグ戦では2位の成績を収めているクロップ監督だが、15日に今季限りの退任を発表し、大きな衝撃を与えた。

ドルトムントは2015年04月18日にリーグ残留を争うパーダーボルンをホームに迎える。
チームはこの試合を含めてリーグ戦6試合を残しているが、クロップ監督は、来季のヨーロッパリーグ(UEFA Europa League)出場圏内の6位と勝ち点9差の10位という現状から、さらに順位を上げてチームを去りたいと考えている。

リーグ残留となる15位を勝ち点2差で追うパーダーボルン戦についてクロップ監督は、「どちらのチームにとっても極めて重要な試合だが、これまで通りいつもの試合だ」と語った。

「真っ向の勝負になるだろうが、我々は任務を果たさなければならない。お別れツアーをしているのではなく、まだやるべきことがある。」

ただし、途中での引退発表は、戦力が劣り、負けない試合を落とすことが増える。

来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権獲得となる上位4チームは、バイエルン・ミュンヘン、VfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)、ボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)、バイヤー・レバークーゼン(Bayer Leverkusen)でほぼ確定しているが、上位陣はいずれもリーグ残留を争う下位との対戦を残している。

その戦いは、残留するための大物食いの必死な戦いになる。

最下位ハンブルガーSV(Hamburger SV)、17位VfBシュツットガルト(VfB Stuttgart)、16位パーダーボルンが降格圏内に沈んでおり、ともに勝ち点29のハノーバー96(Hanover 96)とSCフライブルク(SC Freiburg)を追っているが、5チームは勝ち点4差の中でひしめいている。

ハンブルガーは15日に今季4人目の指揮官としてブルーノ・ラッバディア(Bruno Labbadia)監督を招聘(しょうへい)した。以前ハンブルガーで指揮を執った経歴を持つラッバディア監督だが、2010年にはわずか9か月で解任している。

ラッバディア監督はわずか2試合で解任されたピーター・クネーベル(Peter Knaebel)前監督の後任を務める。

ハンブルガーは最近8試合で勝利から見放され、その間に獲得できた勝ち点はわずか2ポイントとなっている。そして19日にはヴェルダー・ブレーメン(Werder Bremen)とのダービーを控えており、簡単に勝ち点を獲得できる見込みはない。

ブレーメンも今季は最下位に沈んだこともあったが、現在はヨーロッパリーグ出場圏内の6位と勝ち点4差の9位につけている。

ブレーメンのヴィクトル・スクリプニク(Viktor Skripnik)監督は、「ハンブルガーが降格する可能性については興味がない。おそらく、ほかの素晴らしいチームが彼らと入れ替わるだけだろう」とコメントし、ライバル対決に火花を散らしている。

問題は、我がFSVマインツ05(FSV MAINZ 05)である。
私の知っているFSVマインツ05は、永遠の2軍であった!

彼らの練習グランドの隣に住み、勝つと大騒ぎするビア・シュトゥーベが、反対側の隣、つまり練習グランドとチームのビア・シュトゥーベの間に住んでいたことから、何人も知り合いがいて、ドジをすると、下手くそ!言ったら、グランドに呼び出されたこともあり、そのFSVマインツ05が13位である。

もう後がない!

岡崎、死ぬ気で勝て!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。