on-the-time.jp

2015年04月17日

オーストラリアは、有袋類を燃やすので、フランスの観光客に罰金刑!

自然

BBC Newsは、クアッカワラビー(quokka)に火を付ける映像を撮影した2人のフランスの観光客に、、オーストラリアのパース法廷(a court in Perth, Australia)は罰金刑を課したと報告した。

オーストラリアで危険にさらされた種と考慮した小さい有袋類のクアッカワラビーは、攻撃に耐えた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

18歳のジャン・ティボージャン・ルオンバレット(Jean Leon Vallet)、24歳のジャン・ミヒャエル・バトリカン(Jean Mickael Batrikian)それぞれにA$4,000(3,130ドル;2,080£)の罰金を請求した。

バレットにより取られたビデオにおいて、ジャン・ミヒャエル・バトリカンが、エーロゾルスプレーに点火し、30cm(10インチ)炎でクアッカワラビーの頭とボディを焼き焦がしたのが見られた。

出来事は公的な騒動を起こした。

ABC(The Australian Broadcasting Corporation/オーストラリア放送協会)は、2人が全体の罰金を支払うことができないと報告し、刑務所で夜費やしていた。

フェアファックスメディア(Fairfax Media)は、ペアがワーキングホリデーのバックパッカーであり、一般的にクアッカワラビーが見つけられるロットネスト島(Rottnest Island)で3ヶ月過ごしていたと伝えていた。
彼らはそれらの仕事をそれ以来失った。

裁判官は、それらの行動を、「ひどく嫌う(abhorrent)」と呼び、決定を、映像の行為が「当惑(perplexing)」であったと言った。

「映像は、クアッカワラビーに起こされたインパクトを想像できるだけである。明らかに、起こったものの間は結果として心配していたであろう。」と、彼女は言った。

両方の若者は有罪を認めて、法廷で自責を表現した。
しかし、バレットは法廷の外でフェアファックスに「あなたは、私達が怪物(monsters)であると思った。私達はクアッカワラビーを負傷させなかった。私達は家にペットがいる。」と話した。

観光客が小さなネコぐらいの大きさの動物によって写真を撮って「クアッカワラビー自分撮り」の傾向が探究的で、人を恐れないと知られていることで明らかになった時に、クアッカワラビーは今年早くに、インターネット名声を得た。

しかし、それらの好奇心はそれらについてコストを時々見積もった。

1990年代に「クアッカワラビーサッカー」の熱狂に巻き込みフットボールのように動物を乱暴に扱う事件がロットネスト島で突発した。

当局は取り締まりをスタートし、それらを捕まえ、傷つけているクアッカワラビーにA$10,000の罰金を課した。

1つのラグビークラブあたり精錬された2007年クアッカワラビーを乱用するための2人のプレーヤーは、今年の2月に、ロットネスト島の木プロテクターに詰められ、5匹のクアッカワラビーが死んでいるのが発見された。

国際自然保護連合赤リスト(he International Union for Conservation of Nature and Natural Resources Red List)は、そこが、世界でほとんどがオーストラリアに生息し、8,000から17,000までの間でクアッカワラビーが生息していると述べている。

ロットネスト島(Rottnest Island)のGoogle Earthポインター情報
31°59'48.9"S 115°32'24.2"E
または、
-31.996925, 115.540044

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告