2015年04月17日

ベルギーの首都でEUの本部があるブリュッセルでは、シマウマが走っている!

自然

ブリュッセルは、サファリになった!?

BBC Newsは、3匹のシマウマがベルギーの首都ブリュッセル(Belgian capital Brussels)で自由に走り回り、寛大で1杯の「一般の動物」物語にふたを被せたと報告した。

そう言えば欧米で、多くの野生動物が自由になっている!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

シマウマのグループは、ローカルな牧場を脱出した後に、通りを通って速足で駆けたけれども、ありそうにない警察追跡に続いて、すぐ捕らえられた。

その間、アライグマ(raccoon)は、高度200mのトロントのクレーンに登り、ワシントン州では横転したトラックから逃げたミツバチでいっぱいにした。

そして、インターネットとしてのすべてのこれは2015年に大きいラマの脱出から回復した。

シマウマのオーナーの友人バーナード・リュイック(Bernard Luyckx)は、見たところ動物がそれらの安定連れ合いのうちのいくつかの販売に対して狼狽すると言った。

「馬のうちの何頭かが売られて、他のシマウマは発狂し、ゲートを踏みつけて、通りに逃げた。幸運にも、シマウマが捕獲されるまでに、誰も損傷、 または、負傷の報告がなかった。」

彼は、金曜日に地方住民が「自由なサファリ」を得たと言った。

そして、シマウマの輝きは、みんなのの喜びにも横断歩道(cross a zebra)を渡るように、薦める1ポイントで出現した。

アライグマの写真は、200m以上の摩天楼の上のクレーン・オペレータにより撮影された。

再びアライグマが地上に安全に戻ったと新聞トロント・スターにロブ・マクファーレンが話している。

「それは異常ではない。」「アライグマはクレーンが好きであるようである。」と、彼は言った。

これも地球温暖化の影響か?

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告