on-the-time.jp

2015-04-16

マルチユーティリティ・テクノロジーの叩き台航空機を公開。

NASAは、X-56A MUTT(X-56Aマルチユーティリティテクノロジー叩き台/Multi-Utility Technology Testbed/MUTTには、馬鹿という意味もある)は、AFRL(U.S. Air Force Research Laboratory/米国空軍研究所)チームメンバーによりエドワーズ空軍基地の滑走路(Edwards Air Force Base runway)に迎えられたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

NASAのアームストロングフライト研究センター(Armstrong Flight Research Center)とAFRLは、ラングレイ研究センター(Langley Research Center)とグレン研究センター(Glenn Research Center)からの参加者、およびロッキード・マーティン(Lockheed Martin,)からサポートすることで、航空機システムをチェックするために、2番目のX-56A(ダビングされた「Buckeye(トチノキ)」を使用していることとともに、処理品質を評価し、飛行機の性能封筒を特徴付けて、拡張し、航空機行動について前フライト予測を確認する。

20分間のフライトは、低価格で、モジュール式、および離れて操縦された航空の乗り物を使ってaeroservoelasticなテクノロジーでの重要な進歩を産出するようにデザインされた研究努力の最初を示した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE