2015年04月16日

スターウォーズのヨーダは、中世の修道士であったか?

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ソーシャル・メディアは孤独な仕事の秘密の世界を広げると報告した。

それは、36,000人もの人を興奮のるつぼに連れて行った。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

大英図書館(British Library)でキュレーターの仕事は、ソーシャル・メディアの到着まで、孤独であり続けた。

キュレーターのジュリアン・ハリソン(Julian Harrison)にとって、多くの点で、それは、まだ、1600歴史原稿のに向いていた。

舞台裏で、彼は牧師補展示会のために、ベオウルフのコピー(copies of Beowulf)、世界で最も古い聖書リンディスファーン福音書(some of the world’s oldest Bibles, the Lindisfarne Gospels)、およびヘンリー8世の公文書(the state papers of Henry VIII.)のうちのいくつかを含むとても高価なコレクション。現在のマグナカルタ:法律、自由、遺産(the current Magna Carta: law, liberty, legacy)などのような本であった。

ハリソンのための違いは、最近は、彼が数千のバーチャルな聴衆とすべてのこれをすることである。

ハリソンは2006年以来大英図書館で働いている。

「どのように、その時、私達がメディアの時折の物語を除いてバックさせるものを伝達したかもしれないかについて私は考えることができない。」と、彼は言う。

シフトは、ギリシャの原稿をdigitisationをチャートで示すためにライブラリが実験的なブログを始めた2010年に始まった。

「それはニッチの聴衆のためのニッチ物であった」と、彼は付け加える。

この実験的なプロジェクトは、大英図書館の中世原稿ブログ、キュレーターのライフの活発で啓発アカウントに発展した。

「私達は、促進するために、私達がすることを使用する。」と、ハリソンは言う。

1つのポピュラーなポストが、なぜ、原稿を処理するために、私達が白いGrabを着用していないかを説明するけれども、私達は非学究的な読者数をまかなおうとする。

私達の最もポピュラーなポストは、照明された原稿で、カタツムリと戦っている武装したナイトのイメージが共通の理由を見るナイトvカタツムリである。」

これらの写真は非常にポピュラーなオンラインを証明した。

「人々は、しばしば、照明された原稿がどれほど美しく、どれほど中世の時代にそれらが技術的に熟練していたかに気づかない。」と、彼は言う。

そして、喜劇のツイストを持つイメージがある。

ハリソンのポストは、中世の1つの与えられたLolcatsを含む。

別のものは、いたずら書きされた数値を特徴とする。

それはスター・ウォーズからヨーダ(Yoda from Star Wars)のように珍しそうに見える。

イメージは同じオンラインの聴衆、ハリソンにアピールする外のポイントde.それが、猫がYouTubeのピアノを演奏するのを見るのを楽しむ。

ハリソンが中世原稿ブログを引き継いだ時に、それは1日あたり2つのヒットの謙虚な読者数であった。

今や、彼の日刊トラフィック記録は36,000を示す。

これをサポートし、23,400人のフォロワーを持つTwitterアカウントであり、静寂であるというよりも、それが、, 隠される仕事、キュレーターとしての彼の日常生活が新しく、エキサイティングな方法で示される。

「私達は、信じられないほど国際的な読者数」と、ハリソンは言う。

「私達は、あなたが、たぶん北朝鮮の例外によって考えることができる南極大陸、グリーンランド、およびすべての国に、ビューアを持っている。私達は、私達と同じ仕事をしたい人々からたくさんの問い合わせを得る。たくさんの若いキュレーターを切望する。ソーシャル・メディアは確かに、原動力を変更した。」

ハリソンは、ソーシャル・なメディアの強化効果について話す。それは、どのように、多量の人々が、前にそれらから隠された世界をのぞき見することを可能にする。

実は、私もドイツの国立大学ヨハネス・グーテンベルグ大学で、古い本を多く読んできたが、多くの古い本には、とんでもないことが書かれていることがあり、公表して良いかどうか悩むことも多い。

例えば、1800年代にライプチッヒで発行されたイラスト入り新聞Illustrirte Zeitungでは、当時のジャーナリストが取材した記事とイラストがあり、それは現代の常識で考えて不可能だろうというイラストも多い。

また、サン・セバスチャン・ミュンスターの世界年代記は、初版からなんども改訂されているが、多くは実際に見ていないので、もの凄いイラストが登場する。
それらは時代と共に修正され、まともになっていく。初版では怪獣やお化けなど。当たり前のように登場している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告