2015年04月16日

誰を信頼し、信用しないかによって、新しいMillennials経済は動く。

経済

ワシントンポスト(Washington Post)は、税理士法人PwC(PricewaterhouseCoopers/プライスウォーターハウスクーパーズ)のプロジェクションによって 「共有経済(sharing economy)」の最も大きいセクタで、超似た交通と旅行会社を含む、ZipcarとAirbnbで、2025年までにグローバルな収益のUS$3350億と同じくらい多く到着できたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

それは、PwCは約US$150億と今日それを置く、大規模な数であり、それは、今週会社が出版した市場分析に従って反射する消費者行動でのいくつかの根本的なシフトである。

「アクセスは新しい所有権である。」

たくさんの傾向で、PwCが探検するサービスを提供しているか、またはお金をこのスペースに使っている。それは、誰のためにも斬新ではない。

18歳から24歳までのヤング・アダルト、所有物が、共有経済について、「最も興奮している」より、経験を持っていることに興味がある。

そして、それに詳しくPwCで調査された人々は、大きい大多数は、共有経済が、ラ生活を、より買う(86%)ことが出来て、より便利(83%)すると伝えている。

それらの品質は、たぶん、「コミュニティ」の漠然とした魅力より、多くAirbnbのような会社の成長でする必要がある。

PwCは、少し啓示であるリポートの1つの傾向を指摘する。
実際、社会への一般信頼が落ちると同時に、私達は、よそ者の間の信頼に基づいている会社の上昇に立ち会っている。

PwCは、ほんの消費者29%は調査し、今日、彼らが、それらが過去にしたより多く人々を信頼すると言った。

そして、62%は、今日彼らがブランドを少なく信頼すると伝えていた。

しかし、ブランドを捨てることができない。

全国的な調査データは、その間、最近の40年のどのようなポイントよりアメリカで、現在他の人々への信頼が低いことを立証する。

シカゴ大学でNORCにより実施された一般社会的調査は、1972年のこの同じ問題以来、おとなにランダムな全国的なサンプルを要求している。「一般的に言って、あなたは、ほとんどの人々が信頼できるか、または、人々を扱う時にあなたが慎重すぎることができないと言うか?」。

ここにはワシントン・ポスト分析から結果がある。

従って、与えるもの?なぜ数十万人の人々がよそ者使用料で、それらの寝室を貸しているか、または、もし社会がよりシニカルになっているならば、それらの車を運転するか?
あなたは、なぜ、あなたを出荷する会社を信頼するか?
もし実際、あなたが人々に、すべてのその多くを信頼しないなら、先週別の女性により着られていたドレス?
私達がコミュナリズム信奉者に全然触れていない時には、共同社会の消費のアイデアのまわりの経済突然の作成US$10億ビジネスは、一度にどうであるか?

ここにはPwCのスマートな答えがある。
「もし個人と組織への信頼が衰えているか、またはせいぜい強硬に継続しているならば、総計の信頼は増大している。」

すなわち、私はあなた、ランダムガイ与え私を信頼しなく。乗るけれども、私は、前にあなたの車にいるすべての人々の4.9スター平均格付けを信頼する。

たぶん、私は、1人の女性へのすべてのその多くの信頼にAirbnbの彼女の家を借りさせておくわけではないけれども、私は、彼女の高いマークを与えた24人の人々の集められたインプットを信頼する。

もし特に、あなたが、すべてのこの共有材料を追おうとしている会社であるならばこれは重要な区別である。共有経済への信頼は、それが1人の人と群衆の間の信頼についてであるのと同じくらい個々のよそ者。または均一な1人の人および1つの会社の間の信頼についての多くであるわけではない。

そして、インターネットは、その種類の評判crowdsourcingを可能にするために、それが、よそ者の車を借りることの実際のロジスティクスを容易にする必要があるのと同じくらい多くした。

Here’s a snapshot of the highlights:

43 percent of consumers expressed that owning today feels like a burden
72 percent say they could see themselves becoming a sharing economy consumer
83 percent agree it makes life more convenient and efficient
78 percent said that within the next 30 years they’re going to be working multiple jobs
59 percent said they will not trust sharing economy businesses until they are properly regulated
69 percent will not trust sharing economy companies until they are recommended by someone they trust.

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告