2015年04月17日

中国、南シナ海の人工島に滑走路を建設!

戦争と平和経済政治

BBC Newsは、衛星画像からの情報として、南シナ海の議論された領域の岩礁に、中国が滑走路を建設していると報告している。

週刊IHSジェーン防衛(IHS Jane's Defence Weekly)で出版された画像は、南沙諸島の火十字岩礁の埋立地の建設工事で見ることができる。

大陸は約3,000mの長さの滑走路を収めることができたと、 リポートは言った。

エリアの中国の開墾仕事によりアジア太平洋地域のまわりの懸念が引き起こされた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中国は南シナ海の全体をほとんど要求し、ベトナムとフィリピンを含むいくつかの他のアジア国家と主張と重複していることを結果として生じる。

彼らは、潜在的に軍隊の使用であるかもしれない設備で人工的な島を作成するために、争われたエリアの違法な矯正土地のため中国を告発する。

画像は、議論されたスプラトリー島(Spratly islands)の複数のエリアの仕事で明らかになった。

中国は、その仕事が合法で、その主権を守る必要があると言っている。

これを許すと、どこでも島を作れば侵略できようになり、国連による世界安定は不可能になる。
このような浅瀬は、米国攻撃用基地としてタヒチ、アフリカ侵略拠点として周辺の浅瀬で人工島を建設して自国宣言も可能になる。

2月と3月にエアバス防御とスペース(Airbus Defence and Space)のため提供したIHSジェーンで使われたイメージからのリポート。

舗装および滑走路の他のセクションの準備がすり砕かれただけでなく、2015年03月23日の日付後の方のイメージは、火十字岩礁(Fiery Cross Reef)の北東の側の滑走路の舗装されたセクションを示した。

それは3,000m長さで、「長さ約2,700mから4,000mまでについて、様々な中華人民共和国の既存の人民解放軍空軍滑走路(People's Liberation Army Air Force runways on mainland)のパラメータ内でよい。」と言った。

それは、岩礁の港湾施設を改善する明白な仕事において岩礁の南に浚渫することも示した。

追加のイメージは、中国が、2番目の航空ストリップを、サビ岩礁(Subi Reef)に、またスプラトリス(Spratlys)に作成し、それから、3つの人工的な島をリンクすることにより、フィリピン人が住む島からのほんの25kmに築くことができることを示したと、 リポートは言った。

中国の隣人は、補強するために南シナ海の軍事的存在を確立するために働いているので心配している。そして、その北京は永久的に-それを主張している。

フィリピンは、昨年、それが、スプラトリスにおいて中国が滑走路をジョンソン南岩礁(v)に組み込むと信じると言った。

そして、今週早く、別のリポートで引用した衛星画像は、言われた中国をイメージする ベトナムが要求する議論された西沙群島(Paracel Islands)のウディ島(Woody Island)で、さらに北の滑走路を拡張していた。

フィリピン、ベトナムと言えば、米国が負い目を負う国々で、これまではこのような中国の横暴を押さえてきたが、オバマ大統領の弱腰政権に、一気に攻め込もうと中国は侵略を開始している。

また、シリアのように対策が遅れ、大混乱になりかねない状況である。

バマ大統領の弱腰政権は世界中で、混乱を大きくしている。

バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)は、南シナ海の上のより小さい国家を強奪するために中国が「本当のサイズと筋肉」を使用していると、米国が心配しているとを言った。

米国務省スポークスマンは、米国が、「議論された土地機能の前哨基地を軍隊化する意思を持つ大規模な開墾が、平和と安定性への領域の欲望と一致していると信じてはならない」をすると言った。

しかし、中国は、それがその権利の範囲内で作動していることを強く主張している。

「南シナ海のNansha[スプラトリー]島大陸のうちのいくつかへの中国の仕事が、その主権に完全に入っている。」
「中国の島への仕事は、たいてい、軍隊の防御のニーズを満たしていることを除いた文民の目的にかなう。中国が、シェルターを提供し、ナビゲーション、天気予報、および漁業補助において海を通過している様々な国の船に助力することをめざしている。」という論評は顕著に木曜日に新華社通信社が配信した。

中国は、アジアの警察になろうとしている。
それは、米国の作戦のコピーである。

しかし、誰もそんな警察を望んでいない。

2015-03-31---中国は自国を拡大するため、南シナ海に島を作る!
2015-03-19---中国と日本は、知恵の輪のような4年で最初のセキュリティ会議を保持。
2014-10-14---なぜ、米国海軍は仮想敵国中国の演習をするのか?
2014-08-22---米国は無謀な中国パイロットのスクランブル攻撃を非難。
2014-05-11---中国、南シナ海でベトナムに強硬姿勢の狙い。
2014-04-23---論争の的になっている小さな島のために、中国は戦争をするのか?
2014-04-23---オバマ大統領は、アジアの旅行が始まるとともに日本の島を支援すると誓った。
2014-04-16---メタンハイドレートは、汚い燃料か?あるいはエネルギー救済か?
2014-04-13---石炭ガス化は、将来のクリーンエネルギー?
2014-03-03---中国がトップ・トレーダーになるために、自己満足の理由を見つけない。
2014-02-25--フィリピンは、中国の沿岸警備隊が漁師に放水砲発射で抗議!
2014-02-23---香港の送金業者は、フィリピンへの送金手続きで戦争になる。
2014-02-09---景気上昇の中、アジア-パシフィックの防衛費を押し上げた。
2014-02-01---怒らせると報復する中国式「いじめ外交(China's bullying economic diplomacy)」
2014-01-10---米国は、中国の新しい海規則が「挑発的」であると言った。
2013-12-26---なぜ?安倍晋三首相は、靖国神社へ行ったか!
2013-10-31---尖閣ブーメラン。
2013-10-26---安倍晋三首相は、日本が中国に抵抗すると言った。
2013-09-11---日本企業のインドネシア投資、さらにサービス業でも拡大。
2013-09-10---中国は「危険な客」
2013-09-06---香港の大富豪李嘉誠が、中国の資産を投げ売り!
2013-08-26---米国はインドネシアヘ、最新AH-64Eアパッチ攻撃ヘリコプターを売った。
2013-03-26---ベトナムは、中国が漁師に発砲したことで非難!
2013-01-31---フィリピンは、経済が6.6%を拡張するとともに、成長目標を打ち破った。
2013-01-22---フィリピンは、国連法廷で中国による南シナ海領有権主張に挑戦。
2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2012-11-21---フィリピンは、南シナ海の論争で4カ国の会を召集した。
2012-11-14---中国の新しい将軍は、戦争未経験者が多い。
2012-10-20---ついに、問題の水域南シナ海に、米国空母が巡航。
2012-10-19---今度は、中国が東シナ海で、海軍の練習を行なう。
2012-10-18---だれが、米国のオーナーか?
2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。
2012-10-12---「沖縄中国論」を主張する中国の強硬派。
2012-09-26---フィリピン、最優遇条件で中国からの逃避日本企業受け入れ!
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。
2012-09-24---釣魚島問題で、不動産業でも日本製品不買。
2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!
2012-09-20---日本企業、中国工場の操業再開。
2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。
2012-09-18---中国の反日暴動、日系家電不買拡大。
2012-09-17---中国の反日本抗議で、日本のいくつかの会社はオペレーションを停止。
2012-09-16---中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!
2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。
2012-09-11---特許紛争は、アップルのサムスン離れ加速!
2012-09-05---NECが、Lenovoの株を売却し、Lenovoの株下落。
2012-09-12---存在感のため、中国の海爾はFisher & Paykelの買収を始めた。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-09-03---シャープは、鴻海販売価格で、株価が下落。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-24---低温多雨で、中国のエアコンが低迷。
2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!
2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?
2012-08-21---蘇寧電器、国美電器、週末販売300%増!
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。
2012-08-15---シャープの株価は、損失を悪化させる恐れで、さらに下落!
2012-08-13---蘇寧と京東、ネット史上最大規模で価格競争を展開すると宣言!
2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-20---ロンドンでオリンピック公式スポンサー名を言えば言うほど不可思議!?
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-06-29---韓国は日本との歴史的な軍事条約をドタキャン延期。
2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!
2012-05-12---中国は南シナ海での戦争を準備していることを否定。
2012-05-10---中国敵は、先日まではベトナムだったが、今度はフィリピン!
2012-05-07---中国の女性アナ大失態!「フィリピンは中国の領土」?
2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!
2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!
2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!
2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!
2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!
2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。
2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!
2012-01-08---フィリピンは、中国船がスプラトリー島の領海侵入で非難!
2011-12-13---10月のフィリピン輸出品は、14.6%の下落。
2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!
2011-11-06---第1回カンボジア・ファッション・ウィーク2011!
2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?
2011-07-11---中国の深セン市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。
2011-07-01---中国共産党創設90周年!
2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!
2011-06-14---ベトナムは、南シナ海の兵力を増強!
2011-06-09---ベトナムと中国のスプラトリー諸島紛争は、サイバー戦争にも点火!
2011-05-30---ベトナム、海域紛争で中国を起訴。
2011-05-25---日本大手企業の生産拠点が、中国に移動!日本は中国の営業マンとして活躍するチャンス!
2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-10-27---インドのモバイル電話検索で、ノキアが一番!
2010-09-20---どうなる中国の共産資本主義。
2009-09-18---「日王」と「天皇」の間。
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。
1894-08-01---日本と清国は互いに宣戦布告した。
1931-09-18---関東軍、柳条湖付近の南満州鉄道を爆破した。
1932-03-01---満州国が建国宣言した。
1936-12-12---蒋介石を監禁した「西安事件」が起きた。
1962-11-09---「日中総合貿易」覚え書きに調印した。
1972-11-04---雄のカンカンと雌のランランのパンダ歓迎式典が行われた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告