gaYa広告

2015年04月17日

不正アクセスで押収したサーバーから、個人情報785万件を発見。

犯罪と裁判

日本経済新聞 電子版は、インターネット接続を中継する「プロキシサーバー」の運営業者「SUNテクノ」による不正アクセス事件で、警視庁サイバー犯罪対策課などは2015年04月17日に、2014年11月19日に押収したサーバーを解析した結果、延べ約785万件のIDやパスワードなどが見つかったと発表したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

同課は不正入手した個人情報をショッピングサイトなどへの不正アクセスに悪用していたとみている。

個人情報が見つかったのは、日本、米国、韓国、台湾の延べ約785万件で、重複を除くと約506万件のIDやパスワードが保存されていたと言っている。ただし、どこから流出したかは分かっていない。

また、3社のサイトに不正ログインを試みる専用プログラム「ハッキングツール」も残されていた。
このプログラムで2014年9〜11月に不正ログインを試行した痕跡があり、ログインに成功した約5万9千件のIDとパスワードのリストもあったと言っている。

プログラムには中国語で書かれた部分もあり、同課は中国にいる犯行グループが、中継サーバーを経由して、日本のネットワークに接続し、盗んだIDやパスワードでサイバー犯罪を繰り返していた可能性が高いとみている。

流出したID・パスワードについて3社に情報提供し、被害防止に向けた対策を取るよう要請した。

これまでの解析で、SUNテクノのサーバーには日本や韓国の銀行の偽サイトが保存されていたほか、官公庁を標的にしたサイバー攻撃にも使われていたことが分かっていると報告している。

この事件では、東京都豊島区の「SUNテクノ」のほか、東京都台東区の「大光」も捜査され、「大光」の社長、中国籍で32歳の「SUNテクノ」元役員の高志中容疑者ら計6人を逮捕した。

また、両者はプロバイダ接続のルーターにあった脆弱性を利用していた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告