2015年04月15日

スマートフォン健康Appsは、健康な人々のために有益か?

美容と医学の科学

Cellular-News.comは、今話題に知り始めていつウェアラブル機器やスマートフォン健康Apps(Health Apps)の根本的な部分に踏み込んでいった。

健康Appsは、、一般人の健康への広いインパクトを作る可能性を持っているとして、2015年04月14日にBMJの「Can healthy people benefit from health apps?」で、1人のエキスパートが議論し、説明する。しかし、別のものは、そのような主張をサポートするのに十分な証拠がなく、健康Appsが有害であるかもしれないことでさえ提案したと報告した。

Correspondence to: I Husain ihusain@wakehealth.edu, D Spence destwo@yahoo.co.uk

確かに、大手企業がバックに付くとき、それはすべて正しいという前提に立って説明されるが、それが真実なのかという疑問が大きい。
これは、調査レポートにも言える。
とくにアメリカの調査レポートは、それが大きく影響していることから、あまり信用できなくなっている。
以前、Googleが調査レポートにクレームを付け、その調査会社に圧力を加えたことがあり、それで変更されたら、調査ではなくなるという不安が起こったことがある。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

広く、スマートフォンで入手可能な健康Appsは、糖尿病や高血圧などの条件を管理するために重量損失から物質的な活動、および助け患者に及んでいる健全な行動を採用するように人々に勧めることをめざしている。

健康Appsは10年より多くの間あり、数万人が、それらにアクセスし、使用することが容易にするので、スマートフォンで入手可能である。

健康結果を改善するために、いくつかが示されてを持ちなさいIltifat、iMedicalApps.comのエディタで、米国のノースカロライナ医学の目覚め森林学校救急医療の助教授イルティファット・フセイン(Iltifat Husain, editor of iMedicalApps.com, and assistant professor of emergency medicine, Wake Forest School of Medicine, North Carolina, USA)が、「病的状態と死亡を減らす大きい可能性(great potential to reduce morbidity and mortality)」について議論する。

彼は、伝統的な携帯情報端末のダイエットAppsが服従を増大させて、伝統的なプログラムと比較される時にダイエットを改善したことを証明した2回のランダム化されたコントロールされたトライアルに言及する。

研究者のために健康Appsが相対的に新しく、ポジティブな結果を示すために研究がほとんど存在しない間、医師は、科学の研究が利点を証明することをすべきではない。
なぜなら、これらはすでに示されて、多くの人々が現在、多くの人がこれらを使い、彼は議論するからである。

害などの証拠にもかかわらず、まだ、健康Appsを使う欠点がないかもしれず、研究すべき時期である。

彼は、いくつかの矛盾結果を示したと、付け加える。
例えば、研究は、フィットネスApps「Fitbit」と「顎骨」がユーザーのステップおよび物質的な活動を正確にカウントすることを示したけれども、結果は、改善された結果を見つけなかったか、またはレートを行使した。

多くの健康Appsはテストされず、有益ではないかもしれないか、または効果的であったと、彼は言及する。

彼は、米国のFDA(The US Food and Drug Administration/米国食品医薬品局)は、産業が試されていないAppsを売るか、または未確認の健康主張をすることができるようにスマートフォンを医学の機器に変えるAppsが調節されることだけを説明する。

日本の厚生労働省は、どのようにこれらの問題に対応しているのだろうか?
これは、国民の健康問題であり、開発企業の規模には無関係である。

彼は、率先的なアプローチを取り、人々が健康を維持することを手助けできるAppsを推奨することを医師に求める。

2番目の記事において、一般開業医デス・スペンス(Des Spence)は、ほとんどの健康Appsが「たいてい無害であることおよびたぶん無駄」であると主張するけれども、彼は、心臓レート、血圧などを監視するウェアラブル機器の周辺で使われたAppsの上昇に警告する。

なにしろアメリカ人は、ダイエットと言う言葉に敏感で、飛びつく傾向があり、以前中国から輸入されたダイエット薬には、生命に危険を及ぼす可能性がある毒薬や麻薬が入っていた。

これらは試されていなく、非科学的で、「不健康に、健康は世代に取りついていた。」、彼の恐怖のプレイは、これらが、健康条件の過剰な診断を通じて「極端な心配」、および「医学の害」に「点火できる。」と付け加えて説明する。

医学のテクノロジーは磁気共鳴診断装置と血液検査のためにすでに乱用されて、「私達はより医学のテクノロジーについて懐疑的であるはずである。」彼は警告する。

記事のシリーズは、オフィスでロンドンの労働者の基礎を相当していたシルビア・ワーマン(Sylvia Warman, an office based worker in London)が、健康Appsの健康なユーザーのため個人的な論評を含み、モニタ睡眠パターンの数を測定する万歩計という「FitBit 1」というフィットネスアプリを使うことで、取られた処置と彼女の毎日の経験を説明する。

シルビア・ワーマンは、彼女が、伝統的な万歩計よりアプリが使いやすいことを発見し、平均を見ることができて、比較をし、燃やされたカロリーを測定できることをれぽーとで知らせる。結果として、彼女は日常的な基礎でよりアクティブになった。

彼女は、眠っているパターンも文書化し、歩行ルート、およびレコード食物とアルコールインテークを比較するために健康Appsが他にリンクすることを説明する。

その結果、シルビア・ワーマンは6週間の実験としてアルコール使用を断ち、これで、彼女がよりよく眠ることを手助けすると気付いた。彼女は彼女のダイエットも改善した。

ただし、医者が開発に参加したという宣伝文句には、大いに眉唾的で、ほとんど意味が無い。
科学的とは言いがたく、科学的レポートからのモニタリング結果が必要だろう。

現状は、非常に危険な無法地帯と言える。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告