AD SPACE

2015-04-15

EU、Googleを独禁法違反で正式提訴!

犯罪と裁判

AFPは、EU(European Union/欧州連合)は2015年04月15日に、ヨーロッパの検索市場における独占的な地位を乱用したとして、米国のGoogleを正式に提訴したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

制裁金はUS$60億(約7200億円)以上に上る可能性がある。

また欧州委員会(European Commission)は、今回の提訴とは別に、携帯端末市場を独占するGoogleの基本システム(OS)「Android」に対し、独占禁止法違反についての調査を開始すると述べた。

提訴を受けて、Googleは公式ブログで反論。「Googleは最も利用されている検索エンジンであるかもしれないが、現在では、人々は数多くのさまざまな方法で情報を検索したり、情報にアクセスできる。それに(Googleが)消費者と競合他社に対して損害を及ぼしているとの疑惑は、的外れだということが証明されている。」と述べ、独占的地位の乱用を否定した。

これは、これまでMicrosoft社のOS「Windows」の威力が低下し、GoogleのAndroidに威力が移動したとも言える。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE