on-the-time.jp

2015-04-16

日本のジェット機によるスクランブル発進は『冷戦時の記録』並み。

戦争と平和

BBC Newsは、外国の航空機、主に、ロシアと中国が領空に接近すると、それに呼応して、前例がない近くのレベルで日本が戦闘機をスクランブル(scrambling fighters)発進していると防衛省は言ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ジェットはは、会計年度2014年に943回、2013年から16%増加スクランブル発進した。

これは、日本のまわりで前者のソビエト連邦からの航空機が非常にアクティブであった時の冷戦、1984年の記録944スクランブル発進に1回だけ少なかった。

しかし、どの航空機も日本の領空に違反しなかったと、防衛省は言った。

冷戦が終わった後に、日本の全国的な放送局NHKは、毎年約150の戦闘機スクランブルに低下したを言った。

しかし、近年、日本とその2人の大きい隣人の間の緊張は上がった-中国とロシアは、日本と進行中の領土紛争を持っている。

東京と北京は日本がコントロールする東シナ海の島について争っている。

第2次世界大戦の終わりに、ロシアにより引き継がれた日本の北の沿岸からの島の上の列北方領土は、モスクワと東京の間の犬つながりに続く。

緊張に呼応して、日本は、最近、数年のカットをリバースして、防衛を使うことを増大させ始めた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE