2015-04-08

ニッチな学生支払い市場のTapingoは、US$2200万を集めた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、KFCやスターバックスなどの主要なファーストフードチェーンとコーヒーショップは、Tapingoが、米国のニッチを勤めている大学生を開発し、モバイル注文で熱狂的であることで知られている、支払い市場のますますポピュラーな機能になって、資本化することで投資者からUS$2200万を集めたと報告した。

その現金の新しい固まりで、会社は拡大するつもりである。

そのブログは。「最初に、私達が、米国のすべての単一の大学にTapingoを経験してほしい。私達は、昨年始めて、Tapingoについて全国を横切る大学生にもたらすものを終えようとしている。」と、言った。

さらに、会社は食物市場の外で拡大したい。

「私達はTapingoからあなたにもっと与えたい。より多くの食物オプションのように、それを買うより多くの材料は食物ではなく、 あなたが考えた真新しい場所で、あなたは今、一度もTapingoを使うことができない。」と、 それは 言った。

US$2200万のTapingoのシリーズCラウンドは、既存の投資者Khoslaベンチャーとカルメルベンチャーのそばでクアルコムベンチャー、DCMベンチャー、およびKinzonにより導かれた。

その日付で、全体の出資額はUS$3600万である。
ニッチ市場に入ることが、これからは注目される。

保守的な日本のモバイル・マネー市場に、学生が銀行やクレジットカード会社を無視して、ケニアのm-Pesa方式で、生協モバイル・プリペイド・マネーに参入すれば、世界中の学校が喜ぶことだろう!

生協が、バーチャル銀行?

これなら、緊急の学祭でも採用が簡単である。

ただし、今の大学には、これを教える教授もいないか〜不幸な学生!
もう独自でやるしか無い!