2015-04-08

東南極大陸のプリンセスアストリッド沿岸にある海の氷。

自然

NASAは、Terra satellite(地球衛星)のMODIS(Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer/中分解能撮像分光放射計)は東南極大陸のプリンセスアストリッド沿岸(Princess Astrid Coast)の沿岸からの海の氷のこの自然な色イメージを取得した。

大陸に近い白いエリアは、海の氷である一方、イメージの北東のコーナーの白いエリアは雲である。

雲から区別氷を改良するための一方の方法は、擬似カラーのイメージにある。

ここの場面の擬似カラーよれば、氷は青色で、雲は白い。

南極海氷(Antarctic sea ice)が、2015年2月20日に達する年間最小範囲(annual minimum extent)を通過し、通常、9月に達するその最大の範囲への拡張を再開した後に、イメージは取得された。

Caption: Kathryn Hansen