2015-04-08

幻覚剤の使用は、バイクに乗るか、サッカーをするのと同じくらい?

麻薬とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、麻薬研究組織のヘッドによると、幻覚剤の使用は、バイクに乗るか、またはフットボールをするのと同じくらい安全であると言ったと報告した。

テリー・クレブス(Teri Krebs)と夫のパイ−オリヤン・ヨハンセン(Pål-Ørjan Johansen)は、マジック・マッシュルームなどの薬への禁止を言い、MDMAは「人権と一致しない」ことであり、幻覚剤は、アルコールおよび他のコントロールされた物質に比べての個々のユーザーと社会にずっと有害ではないと言っている。

けれども幻覚剤は、「まさに健康上の問題の多くの証拠がある」およびその一定の薬を試している3000万μsを超えるおとなでは、より多くの破損物質で、他に中毒を解決することについて有益であるはずがない。

ランセット精神医学ジャーナル(Lancet Psychiatry journal)に出現したレターにおいて、カップルは「広い人経験に基づき、一般に、幻覚剤が中毒または強制的な使用を引き出さず、サイケデリックな使用と先天的障害、染色体損害、続く精神病、または有毒な効果に協会の証拠が脳または他の器官にほとんどないことが認められる。

「幻覚剤は一時的な混乱および感情の騒動を引き起こすかもしれないけれども、入院と重傷は極めてまれである。全体の幻覚剤は、特に、他の共通の活動と比較される時に危険ではない。」

「全国的で、国際的な方針は、スピリチュアルなまたは個人的な開発、または文化的な活動として幻覚剤を使うことを選ぶ個人の人権を尊重するべきである。」

カップルが設立した組織のWebサイトについて話すことによって、ヨハンセンの心配不法行為への治療を提供することで経験を持っていることについて,「幻覚剤は、同時に、安全に、日常生活の多くの活動に匹敵しているプロフィールを危険にさらさせる間、バイクに乗るか、またはサッカーをするなどのように、しばしば深い経験を引き起こす。」と、書いた。

ノルウェー大学の神経科学の学部内の科学技術研究仲間のクレブス(Krebs, a research fellow within the Department of Neuroscience at the Norway University of Science and Technology)は、それを追加した:「薬エキスパートは、LSDおよびサイロシビンキノコとして,個々のユーザー、およびアルコール、他のコントロールされた物質に比べて、社会にずっと有害ではないことを一貫してランク付けする。」

ペアは、EmmaSofia、MDMAへのアクセス、および幻覚剤のユーザーのための人権を促進する間品質管理に服従していた他の幻覚剤を拡張するのに役立つようにオスロに基づく非営利組織の上で設定した。

それらは、ヘロインのような物質を中毒におごるために使用できたと彼らが信じる麻薬を公認するそれらの長期の努力のために、基礎を建てるUS$30,000を上げる群衆出資計画をスタートした。たばことアルコールとパーキンソン秒のような病気に苦しんでいる人々を助けことができる。

ヨハンセンは,MDMAとマジック・マッシュルームの使用を通じて、彼が彼自身のアルコール中毒を扱うことができたことと、ニューズウィーク(Newsweek)とのインタビューにおいて、ハイライトで、ヘロイン中毒の治療において幻覚剤が有益であるかもしれないというアイデアをサポートする精神医学のアメリカジャーナルでの研究を言う。

彼は、「共通性は、中毒と薬物濫用が恥辱、寂しさ、恐怖、有罪、または内気さのようなストレスおよび難しい感情を脱出することである機能を持っていることである。
最近、私達の同僚マシュー・ジョンソン(Matthew Johnson)は、パイロット研究で、禁煙のためのサイロシビン(psilocybin)の励みになっている結果で、またそれを完遂した。」言った。

EmmaSofiaのキャンペーンは、教授デイビッド・ヌッツを含む多くの学者以前の薬アドバイザー(Professor David Nutt, a former drugs adviser to the UK government)によってイギリス政府にバックした。
それは、以前に、科学者が違法な薬のポジティブな副作用を調査するべきであると言った。

公衆衛生イギリスは、 イギリス政治組織のスポークスマンはニューズウィークに、別の違法な物質によって1つの薬を中毒におごり、そのようなイニシアチブがサポートをイギリスで発見しないと言うことが非倫理的であると言った。

最近、やたら良い麻薬の情報が増えているが,もしそうならその麻薬で留置されているか,留置ちされた人はどうなるのか?大きな矛盾した社会になりかねない。
その責任は,誰が取るというのか?

この傾向は,2007年10月15日に、最初にイギリスの麻薬取り締まり官のチーフが、不可能と言い出したのが始まりだと思う。つまり取り締まりができなくなって、次にその正当性が登場し始めたと記憶している。

ただし、その前に、医学マリファナという不思議な現象が起こっている。

その大きな原因は,酒と麻薬、自然麻薬と合成麻薬などの戦いが,表面化している。
規制の基準が,曖昧になってきている。
人命を中心に考えるべきであると言うことを言う人も多くなってる。
日本ではすでに,アメリカのように合法化されたときの製造販売を考え始めている人も居ると聞いたことがある。

しかし、アヘン戦争やアールヌーボーなどの19世紀末にまで,戻るべきなのだろうか?

2007-10-15---イギリスは専門警察官が、すべての麻薬を合法化することを進言!
2006-10-03 ---12人の宗教指導者がマリファナを合法化支持!?
2005-11-04---カリフォルニア法で許可された医学マリファナ栽培の悩み。