2015-04-08

Intel RealSense 3D深層カメラは、スマートフォンに納まった。

未来

BBC Newsは、ブライアン・クザニッチ(Brian Krzanich)により導かれたインテル(Intel)は、スマートフォンをはめ込むために、現在そのRealSenseテクノロジーが十分に小さいと言ったと報告した。

インテルは、小さく、十分に薄いその3D深層カメラのバージョンは、6in.(15.2cm)に納まると明らかにした。

RealSenseセンサーは、手と頭ムーブメントを認めるために使用できて、それらが取られた後に写真のフォーカスを変更することを可能にする。
プロトタイプは、中国の深圳市(Shenzhen, China)で開催されたイベントで会社取締役会長ブライアン・クザニッチにより初公開された。

1人のエキスパートが、問題がそのパワー要求について残留することに注意した。

ブライアン・クザニッチは、RealSenseが可能にされた電話の例を紹介したけれども、彼はデモンストレーション・ワークを示さなかった。それは、まだ初期の開発段階にあることを示すことができる。
「インテル開発者フォーラム(Intel Developer Forum)で段階において示された機器は、私達が名付けていない中国の会社と共同して作成されたプロトタイプであった。」と、会社のためのスポークスウーマンは言った。
「機器が、アプリ、用法モデル、および形ファクターの種々のタイプを示すことは、革新を促進するために意図されているRealSenseテクは組み込まれうる」と言った。

RealSenseカメラにより収集された深層データは、それが取られた後に写真のフォーカスを変更するために用いられうる
テクノロジーとして、マイクロソフトのKinect動作およびイメージ・センサーで発見されたそれと同様であるけれども、ずっと小さいパッケージである。
Kinectが多くのXボックス・ゲーマーから人気がなく落ちた間、1人の業界ウォッチャーが、テクノロジーが送受器でポピュラーになると判明すると思った。
「私達は、電話に、置くこれまででより高解像度カメラがかつてそれがそうであったほど多くセールスポイントであるわけではないステージに到着した。」はデービス・マーフィー・グループ・コンサルタントのクリス・グリーン(Chris Green, of the Davies Murphy Group consultancy)が言った。
「従って、近づくように、メーカーには追加の機能が必要である。深層知覚とライト・フィールド・テクノロジーは、人々を興味をもたせて、スマートフォンの次世代に、潜在的に、自身を、すでに市場にあるものと区別させる。
「インテルは、小型化で、明らかに、関係する挑戦の半分を達成した。しかし、それが、要求されたパワー側を得たかどうかにかかわらず何かがまだ不明瞭である。これを、あなたが大きいバッテリーを持ち、メイン電源、それへのアクセスが、1日にわたって続く必要がある電話に入れるか、別のものであるラップトップに入れることが、1つの物である。」

インテルは、最初、ラップトップがベルギーの3Dビジョン専門家SoftKineticとのタイアップの後に昨年そのRealSenseコンポーネントを1月に組み入れる必要があるのを発表した。
RealSenseカメラにより収集された深層データは、それが取られた後に、写真のフォーカスを変更するために用いられたインテルのRealSenseカメラは、すでに、ラップトップが身振りによってコントロールされることを可能にしている。
それは、改善された身振り認識を提供するために,技術が用いられうることを示唆した。それらに触れることの必要なしの制御装置への許可ユーザー-だけでなくで方法オブジェクト後で編集できたと3Dプリントしたおよび を走査するために、それらが捕らえられた後に、方法の上のより多くのコントロールを持つための方法で、写真とビデオが見た。
今年、デルは、テクノロジーをタブレットに組み入れるために、最初のメーカーになった。
スマートフォンにテクを得ることにより、潜在的なクーデターはインテルに提供されるけれども、他の会社はまた、選択肢に取り組んでいる。

Googleのプロジェクト・タンゴ・タブレットは、部屋の3Dモデルを作成するために使用できる
Googleはプロジェクト・タンゴを作成したタブレットは、ドイツの会社PMDTechnologiesにより作られた3Dイメージセンサーで適合していた。
この時に、キットは、「空間の知覚」をアンドロイド生態系に追加する努力の一部として開発者に制限された。
米国ベースのペリカン画像処理は、また、写真を入れるとそれが伝えているスマートフォンのためにデザインされたカメラの深層感知配列に作用している「3D自分撮り」を作成する取られただけでなく許可ユーザーであった後に再中心に行う

ペリカン想像により、そのセンサーが3D自分撮りを可能にすることが示唆される
その仕事は、ノキアのベンチャー・キャピタルwing,だけでなく、Nokia Growth Partners、インテルのチップ制作競争するクアルコム(Qualcomm)によってバックする。
さらに、アップルは2013年11月に、イスラエルの起動により、以前に、オリジナルのKinectにおいて使われたテクノロジーが提供されたPrimeSenseを買収した。
アップルは、まだ、どのように、その獲得を利用することを計画するか、発表する必要がある。
より大きすぎるか?
そのRealSenseテクが主流送受器の用意ができる前に、中国の深圳市で、インテルのイベントに出席した1人のテクジャーナリストが、まだたくさんの作業が残っていると言った。