2015年04月06日

中国の福建のパラキシレン化学工場爆発炎上!

美容と医学の科学

BBC Newsは、中国南東の福建省(Fujian province)で化学工場が爆発、炎上したと報告した。

新華社は2015年04月06日月曜日に漳州市(Zhangzhou)のプラントで、夕方に発生したと言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この工場では、PX(paraxylene/パラキシレン)、ポリエステルとプラスチック製品製造において使われた可燃性の化学薬品を作っていた。

中国のPXプラントの位置は、居住者からプラントからの多くの汚染恐怖は、健康のために危険であるとして、昨年激しいデモンストレーションを広東州に含めて、抗議を引き起こした。

The South China Morning Postは、このプラントは2年で2回目の爆発であると報告した。

漳州市のプラントは、中国の最も大きな独立なPX製作者のうちの1つで、台湾資本の騰龍グループ(Dragon Group/Tenglong)の騰龍芳烴(Dragon Aromatics)により運営されている。
それはまだコメントしていなかった。

CCTV(China Central Television/中国中央電視台)は膨大な炎を放送していたが、詳細をほとんど提供しなかった。

新華社は、現地時間19時00分(世界標準時11時00分)頃に爆発がったと言った。

漳州市消防局は、約430人の消防士が現場にいると言った。

The South China Morning Postは、現場から10km離れたところに住んでいる人が、爆発のため彼の家が揺れたと言ったと報告し、港全体が揺れたと言っている。

Lin Chenは、新聞に「私は家で騒々しいバンという音を聞いた。」

私の郡の誰もがそれを見た。

プラントは燃えていた。

私達はまだそれを見ることができる。

しかし、私は現在不可思議なほど、何のにおいも感じない。

私達が風上であるので、私は、それがであると思う。」

抗議は、許可証なしでデモをすることが違法な中国で、まれであり続けるけれども、環境のキャンペーンは数において成長している。

近年、パラキシレンはそのような抗議のフォーカスになり、政府の狼狽にプラントは、多くの遅延または取消しを強制すると、特派員は言う。

茂名市のPXプラントのまわりの抗議は、南の広東州で、発射された催涙ガスおよび傷つけられたいくつかのデモンストレーターと去年の4月に激しくなった。

広東省茂名市(Maoming, in southern Guangdong province)のPXプラントのまわりの抗議は、去年の4月に、発射された催涙ガスと傷つけられた多くのデモンストレーターと激しく衝突した。

The South China Morning Postは、負傷者14人、死亡者はいないと言っている。

漳州市(Zhangzhou)のGoogle Earthポインター情報
24°30'46.6"N 117°38'50.9"E
または、
24.512950, 117.647481

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。