2015年04月06日

2015年になって初めて、スコットランドでウバザメを確認!

自然

スコットランドの新聞Scotsmanは、コルのヘブリディーズ諸島(Hebridean island of Coll)の近くで,世界で2番目、イギリス近海で最大の魚ウバザメ(basking sharks)が、2015年になって初めて、スコットランドで観測したと記録されたと報告した。

3匹のウバザメは金曜日にケニー・ツルンバル(Kenny Turnbal)lにより記録されて、ヘブリディーズ諸島クジラとイルカ・トラスト(the Hebridean Whale and Dolphin Trust)に報告された。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

それは巨大な魚の最も早い目撃例のうちの1つである。それが、スコットランドから離れて、表面の近くで太陽に浴することが好きなので、その名前を得た。

しかし、ウバザメのレコードは3番目までに、その主要なたまり場のうちの1つ、スコットランドの西の沿岸から、昨年落ちた。

スコットランド自然遺産(Scottish Natural Heritage)とエクセター大学(University of Exeter)からの科学者は、インナーヘブリディーズ諸島でのそれらのライフサイクルについてもっと見つけ出すために、衛星追跡タグを£147,000プロジェクトの一部として、27匹のサメに装着した。

2012年に始まったタグを付けプロジェクトは、夏ごとにコル(Coll)、タイリー(Tiree)、およびカンナ(Canna)の島のまわりに集まる多くのサメのライフサイクルについてもっと見つけ出すために設定された。

ウバザメは2階建てバスの長さ、全長の最高36フィートまで成長するかもしれない。そして、重量は7メートルトンのそれらは、プランクトン、水を通って漂う小さい動物を完全に食べる。
それらの巨大で大きく開く口を通るプランクトンパスおよび外にそれらの櫛似のひだにより濾過される。

それらについて50年といくらかの長生きである。
動くのが遅いので、円熟するように遅れ、長い間生きるそれらは、人の妨害とインパクトに対して非常に脆弱である。

一度ウバザメにはスカイテリアのまわりで、Ring of Bright Waterの作家マクスウェル(Maxwell)が、それらのオイルと肉を求め探し回った。

西の沿岸からのマクスウェルによるウバザメ漁業のセットアップと、彼の最初の本で書いたベンチャーで。銛でしとめ、彼はどのように大きい魚を悲惨に狩ったかを書いている。

しかし、昨年、それらはスコットランドの水域でめったに見られなかった。

ウバザメ目撃例は前の年16匹の遭遇から33%低下し、最近の年の間エリアの世界の2番目に大きい魚の減少目撃例の傾向を示した。

2012-07-21---世界で2番目に大きな魚は、オンラインでモニターできる。

コルのヘブリディーズ諸島(Hebridean island of Coll)のGoogle Earthポインター情報
56°39'54.4"N 6°20'51.2"W
または、
56.665106, -6.347544

ヘブリディーズ諸島クジラとイルカ・トラスト(the Hebridean Whale and Dolphin Trust)のGoogle Earthポインター情報
56°37'22.9"N 6°04'04.7"W
または、
56.623025, -6.067967

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。