2015年03月21日

「ブラード・ラインズ」盗作評決。

音楽犯罪と裁判

AFPは、歌手ロビン・シック(Robin Thicke)とファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)による2013年の大ヒット曲「ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪(Blurred Lines)」が、往年の歌手マービン・ゲイ(Marvin Gaye)の楽曲の盗作とする米陪審団の評決を受け、芸術的ひらめきが裁判沙汰となる境界がいっそうぼやけてきたことに、音楽業界は戦々恐々としていると報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

マービン・ゲイの1977年のヒット曲「黒い夜(Got to Give It Up)」の著作権侵害にあたるとして、遺族がシックとウィリアムスを相手取り、米国カリフォルニア(California)州のロサンゼルス(Los Angeles)地裁に訴えを起こした裁判で、陪審団は2015年03月10日に、2人に対し、遺族にUS$740万(約8億9000万円)を支払うよう命じる評決を下した。

遺族側はこの評決を「正当」だとたたえたが、多くの音楽関係者は「音楽を知らない陪審員たちが、すべてのアーティストの根底にある芸術的影響と、明らかな盗作を混同している」と落胆を隠さない。

人気歌手のアデル(Adele)やケイティ・ペリー(Katy Perry)との共作で知られる作曲家のグレッグ・ウェルズ(Greg Wells)は、AFPの取材に対し「すでに埋まっている音楽業界の棺おけに、巨大なくさびを打ちつけるとどめの一撃だ」と話している。
「音楽の素人の大半には、彼らが日本人じゃなければ、すべての音楽が日本語に聞こえるということを思い知らされる評決だ。僕やファレルのような仕事をする人間にとって窮地だ」と言った。

米テネシー(Tennessee)州ナッシュビル(Nashville)にあるメディア専門大学SAEインスティチュート (SAE Institute)の音楽関連法専門家で作曲家のE・マイケル・ハリントン(E. Michael Harrington)は、今回の評決が維持されれば「狂乱状態となり、誰もが訴えられかねない」と危惧する。
「これほどお粗末な決定は見たことがない。メロディーも歌詞もコード進行も考慮されていない。これが標準だと言うならば、あまりにもレベルが低すぎる」と言っている。

音楽で著作権を求めたことで、波長であるから、こうなるだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。