gaYa広告

2015年03月15日

超高速の列車は、トラック以上に疾走しているか?

BBC Newsは、ほぼ10年間イギリスは、まだトラックだけれども、中国のその同じ68マイル(109km)ストレッチだけを持っているところで、自身のために世界の最も長い高速なネットワークを建てた。

合計の12,000km(7,450マイル)より多く、それは、結合されたヨーロッパと日本のネットワークの結合された長さの2倍以上であると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

従って、もしあなたが、鉄道旅行の未来が見えるかもしれないものの感覚を得たいなら、中国は、その場所であるといえる。

現状では、列車テクノロジーは数10年で多く移行したようではない。

イギリスは、たった今、その最初に日立で作られた最高140mph(225km/h)で運転できる超特急を受け取ったところであるかもしれない。その場合は、高速列車ができる。しかし、これは前にほとんど大飛躍ではない。

多く愛されているInterCity 125の名前が示唆すると、1970年代に125mphを実現した。そしてフランスのTGVおよびスペインのAVE旅行の時に190mphより早かった

従って、 私達が意志で、本当に超高速の列車が地方を通ってb、弾丸(ulleting)にするのを見る時、数百マイル/時のスピードが可能である?

たくさんの希望は、「ETT(evacuated tube transport/空チューブ輸送)」テクノロジーに中国と他の場所の中にピン留めされる。

摩擦はスピードの敵であり、 空気摩擦増加指数的(air friction increases exponentially)に、より速く、私達は行く。これは従来の高速列車のための現在の上限 約250mphを意味している。

真空管を通して列車を動かす。そんな理論であり 、トラックから離れて、既存の磁気浮上[磁石][空中浮揚]テクノロジーを使ってそれらを上げることによって、 0近くまでにドラッグは減らされえた。

これらのETT列車は1,000mphより多くで潜在的に進むかもしれない。

多くの話し合い実在超ループがテスラ・モーター(Tesla Motor)とSpaceX創立者イーロン・ムスク(Elon Musk)により提案される間、来年カリフォルニアで試用されて、中国はすでにゲームの前にある。

ドン・ジガン博士(Dr Deng Zigang)は、中国の西南交通大学の適用超伝導現象研究所(西南交通大学的适用超导现象研究所/the Applied Superconductivity Laboratory at China's Southwest Jiaotong University)からまさにそのような6m半径真空列車トンネル・システムを構築し、彼はテストしはじめた。

しかし、これらは先の話である。リポートは、これまでにドン・ジガン博士の小さい列車が25km/hのスピードに達したことだけを示唆し、多くが、そのようなテクノロジーが現実になるかどうかを疑っている。

「実行可能な大衆は実験よりもっとたくさんニーズを輸送する」と、鉄道エキスパートで上海の同済大学の教授サン・ザン(Sun Zhang)は言う 。

「それは建築において達成可能である必要があり、彼らは、リスクをコントロールすることができる必要があり、それらはコストについての懸念を持っている必要がある。

「従って、私の個人的な見方」「少なくともこの段階でこれが単に理論であることである。」と 彼は付け加えた。

エンジニアリングとテクノロジーの組織について運輸専門家のジェレミー・アックラム(Jeremy Acklam, transport expert at the Institution of Engineering and Technology)は、磁気浮上と真空テクノロジーの組み合わせが伝統的な高速なレールより「非常にずっと高価である」ことに合意する。「私達自身に、いくらの特別なスピードが値するかを尋ねる必要がある ?」と彼は言う。

拒絶磁石および銅のコイルが、たくさんの電気を使うので、磁気浮上テクは高価で、従来のスチールがののしるよりトラック・インフラストラクチャーはずっと複雑である。
「長い距離を横切る真空を達成することは、重要なエンジニアリング挑戦である」と、ジェレミー・アックラムは言う。

そして、安全問題がある。

もし列車が故障するなら、乗客はどのように避難し、どのように救急サービスにアクセスするか?

多くの人々が、それに目を通すために、どのウィンドウもなしで管に進みたくないかもしれない明らかなポイントもある。

日本の超伝導列車もすでに数十年浪費している。
私は、理化学研究所で初期から見てきた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。