on-the-time.jp

2015年03月15日

アメリカの大手会社が開発したスパイ・バービー。

戦争と平和

Troveは、Elif Kocによる「Eavesdropping Barbie is 'downright creepy,' privacy advocates say(プライバシー支持者は、盗み聞きバービーは、『徹底的に気味悪い、』と言った。)」を紹介した。

玩具大手メーカのマテル(Mattel)が発売した「Hello Barbie」は、彼女の袖に、より多くの計略を持っていると言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

スイッチを入れると、バービーに埋め込まれたマイクロフォンが、彼女と遊んでいる子供の声を記録する。
そのレコーディングは、その時、クラウド・サーバーにアップロードされる。そこで、音声検出テクノロジーは、人形がデータを理解することを手助けする。
その結果?あなたの犬の名前を記憶し、あなたの雑談から、あなたの好きな小馬を起訴する探究的な盗聴好きなスパイ・バービーである。

彼女を2015年のアメリカ国際おもちゃフェア(2015 American International Toy Fair)でデビューさせ、その排除を要求しているプライバシー活動家がいる。

「Hello Barbieを使っている子供は、人形に話しているだけではない。」と、Commercial-Free Childhoodのキャンペーンのディレクターであるスーザン・リン(Susan Linn)は言った。「彼らは、それらに対する関心をもつ金融商品で、おもちゃの複合企業と、直接話をしています。」と言っている。

オモチャを使って、マーケティング戦略情報を集めている。

マテルの心配事に対して、Commercial-Free Childhoodのキャンペーンは、おもちゃが子供を巨大なおもちゃ会社から卑劣な記事広告努力に対して完全に脆弱に放置していると請願をスタートした。

「マテルのデモにおいて、バービーは、子供、彼女の興味、および彼女の家族についてのたくさんの情報を引き出す多くの質問を要求する。」「この情報は大きい価値を広告者にもち、子供に不公平に販売するために使用できた。」と、プライバシーとテクノロジーのジョージタウン大学のセンターの相談係アンジェラキャンベル(Angela Campbell, a faculty adviser at Georgetown University's Center on Privacy and Technology)は言った。

盗聴、スパイが大好きな心配事で頭がいっぱいのアメリカは、Google、Facebook、Twitterの次の作戦として、オモチャを採用した。

以前、冷蔵庫をクラウド・サーバーに接続すると言ったとき、冷蔵庫が盗聴し、家庭内の会話をスパイするとお言われたことがあり、そのデータを分析することで、テロリストや犯罪者をあぶり出そうとしていると話題になったことがある。

今それは現実になり、携帯電話が活躍している。

さらにそれをバービーに拡大使用という計画である。

小心者のアメリカは、世界中に敵を抱え、旅行好きのヒッピーを否定し、テロから国民を守るため、海外旅行を禁止しようとし始めている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。