on-the-time.jp

2015-03-15

戦争で荒れたシリアの衛星写真による衝撃の鳥瞰図。

戦争と平和宇宙

ワシントンポスト(The Washington Post)は、それが始まった4年後に、攻撃の下の廃墟、病院と難民キャンプ、および都市にある学校は、殻から取り出すことによって破壊されたマンハッタン・サイズをセンタリングする。
これらはシリアでの衝突についての新しい国連リポートの衝撃的な詳細のうちのいくつかであると2015年03月13日に報告した。

[AD] You can advertise on this site.

新しいリポートは、まさしく2015年03月18日水曜日のリリースのために、シリアで人の苦しみのスケールを示している新しいイメージを示すように、国連衛星プログラムUNOSATを用いる。
金曜日にリリースされたステートメントによると、作者は、「樽爆撃、学校、病院、居住用のエリア、市場、発電所、およびシリアの広大な文化的な遺産の破壊を含む民間の人口への無差別な攻撃。」というドキュメントのために可能であった。

衛星イメージの使用によって、国連は、どのようにシリアが過去の4年を切り換えたかを比較することができた。
衝突が始まって以来、約650万は強制移転させられ、220,000より多くが殺された。

衛星画像がなければ、これほどリアルに、訴えることはできなかっただろう。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.