on-the-time.jp

2015年03月14日

シリア大統領一族の有力者暗殺。

戦争と平和経済政治

AFPは2015年03月15日に、イギリスの非政府組織(NGO)SOHR(Syrian Observatory for Human Rights/المرصد السوري لحقوق الإنسان‎/シリア人権監視団)は2015年03月14日に、シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領のいとこの息子が殺害されたと明らかにしたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

密輸に関与していたことでも知られるモハメド・アサド(Mohamed al-Assad)は2015年03月13日に、アサド家が属するイスラム教のアラウィ(Alawite)派の中心地シリアのラタキア(Latakia)県で射殺された。

シリア人権監視団のラミ・アブドル・ラーマン(Rami Abdel Rahman)代表はAFPに対し、「モハメドはラタキア県カルダハ(Al Qardaha)村で頭部に銃弾5発を受けて死亡した」と語るとともに、実行犯の身元は特定されていないと述べた。
カルダハ村はアサド家が代々暮らしてきた村で、村での影響力をめぐる争いが事件の原因とみられている。

モハメド・アサドは1980年代に作られた政権側の民兵組織「シャビハ(Shabiha)」の創設者の一人で、アサド政権は反体制派の封じ込めにシャビアを利用してきた。1989〜1994年にシャビア内部での地位を利用して富を蓄えたモハメドはカルダハ地域で事業を始め、同地域におけるアサド一族の有力者と目されてきた。

カルダハ(Al Qardaha)村のGoogle Earthポインター情報
35°22'38.0"N 36°07'58.1"E
または、
35.377211, 36.132814

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告