gaYa広告

2015年01月14日

ISは、少年による初めての捕虜殺害映像を公開し、屈辱に利用。

戦争と平和

AFPは、IS(Islamic State/イスラム国家)が、ロシア情報機関によって派遣されたとされる男性2人が、少年に殺害される屈辱的な動画を公開したと報告した。

この動画には、男性2人がシリア領内のISに潜入しようとしたとして、カメラの前で尋問を受けた後、尋問を下ものではなく、少年に銃殺される様子が写っている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

英語で「Uncovering an Enemy Within(内通者摘発)」というタイトルが付けられたこの動画にはロシア語でナレーションが入っている。ビデオはまずカザフスタン出身と自白した男性に対する尋問で始まり、男性はFSB(Федеральная служба безопасности/Federal Security Service of the Russian Federation/ロシア連邦保安局)からあるイスラム国戦闘員に近付くよう指示を受けていたと明かした。

続いてもう一人の男性が、国籍は言わなかったものの、以前ロシアでFSBに勤務していたとして、あるIS戦闘員の殺害を命じられていたと語った。2人はいずれも、シリア国内のIS戦闘員らに関する情報を収集し、報告するのが使命だったとしている。

尋問後、撮影場所が屋外に切り替わり、あごひげを生やし戦闘服を着た大人の戦闘員の横に、拳銃を手にした少年が写る。灰色の服を着た先ほどの男性2人が地面にひざまずくと、少年が2人に向かって発砲した。まず頭を狙って撃ち、2人が倒れたところへ、さらにとどめの数発を撃ち込んでいる。

この動画の最後には、同少年が以前に、大きくなったら「不信心者」を殺したいと語っていた様子が付け足されている。
これは昨年出回ったイスラム国のプロパガンダ動画からの抜粋で、子ども向けの訓練キャンプに少年が参加した際の映像とみられる。当時の動画の中で少年は「アブダラ(Abdallah)」と名乗り、カザフスタン出身だと話していた。 

この動画について、ロシアのFSBは今のところコメントを出していない。
ISが、少年による「処刑」の様子を撮影した動画を公開したのはこれが初めてとみられる。
ただし、子どもたちにおぞましい殺害の様子を見せたり、戦闘訓練を受けさせたりする様子を撮影した動画はこれまでにも頻繁に公開していると報告した。

今後、このような情報が増えることだろう。

私は、これに近いことに遭遇したことがある。昔、シリアを移動して一時、子供が本物の拳銃をオモチャにして遊んでいた。私は子供の竹とんぼを渡し、遊び方を教えて、持っていた拳銃と交換した。
渡しは拳銃に興味が無いのでその場で分解し、川に捨てた。
また、ヨルダンからウエストバンクを経由してイスラエルに入るとき、イスラエル兵が、ロシア製マシンガンを持っていたので、どうしたと言うと、ロシアのスパイを殺して奪ったと自慢していた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告