on-the-time.jp

2015年03月08日

夜、イギリス議会議事堂の屋根に人が発見され、逮捕した。

犯罪と裁判政治

BBC Newsは、23歳の男性が、数時間を議会の屋根(roof of Parliament)にいた後に、損害の犯罪と侵入の疑惑で逮捕されたと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ネゴシエーターは、警察、および消防局が2015年03月07日土曜日に21時15分世界標準時に事件に気づいた後に、場面に呼ばれた。

ロンドン警視庁は、なぜ人が屋根にいたかを知っていることが早すぎたと伝えていた。

彼は日曜日に05時00分世界標準時に逮捕されて、中心的なロンドン警察署に連行された。

屋根は、以前に、ヒースローで3番目の滑走路と対比されたそれらを含むことおよびグリーンピースによってキャンペーングループによりターゲットとされた。

しかし、この機会では、人が抗議しているかどうかは直ちにクリアではなかった。

現場にいたBBC通信記者ビクトリア・フリッツ(Victoria Fritz)は、灰色のジャンパーと暗いズボンをはいて、建物の控え壁の間を歩いていた。

日曜日の早い時間の彼の逮捕に先がけて、警察は彼と話そうとし、屋根から時折、覆われた大声があったと、BBCの特派員は言った。

こういうとき、ネゴシエーターは、何を話すのだろう。
私なら「おい、どうしたんだ?」と聞くことだろう。

私が犯人なら、「just walking」と答えるだろう。

議会の屋根(roof of Parliament)のGoogle Earthポインター情報
51°29'58.1"N 0°07'29.3"W
または、
51.499478, -0.124808

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告