2015-02-24

VISAヨーロッパは、銀行のためのtokenisationサービスを準備。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、VISAヨーロッパは、「ヨーロッパの市場のニーズのためにカスタマイズされる」tokenisationサービスを2015年04月半ばからその加盟銀行で利用可能にして、スタートすると計画を発表したと報告した。

支払いプラットフォームプロバイダーは、サービスを「増大要求を満たしていることが消費者から支払いのためのそれらの最新のスマートフォンとウエアラブル機器を使うために発展させた。」と言った。
ロイターからのリポートは、新しいサービスにより、到来数ヶ月で、競争するモバイル支払いサービスとともにヨーロッパのApple Payのための方法が舗装できたことを思索する。
ライバルのマスターカード(MasterCard)とアメリカンエキスプレス(American Express)Inc.とともに、VISAが2014年10月に米国でスタートしたApple Payのtokenisationを経たモバイル支払いを可能にしてアップルとVISAは同盟した。
前者はtokenisationのための見込みもほめているけれども、VISAヨーロッパは別の会社である。
これまでに、Apple Payは、次にそれがスタートされる憶測の間に、米国で入手可能であるだけである。
Tokenisationが、モバイルとオンライン支払いのまわりのセキュリティ懸念に対処するためにますますポピュラーになっている。実際のアカウント詳細を露出しないで、支払いを認可するために用いられうる一連の数によってプラスチックのカードに見つけられた支払いアカウント情報を代用することによって、顧客データは保護できる。
店での非接触支払いをするために消費者がそれらのモバイル機器を使用する時に、トークンが提出されて、それらのアカウントが詳説する。
「Tokenisationは、デジタル支払いにおいて出現することについて、最も重要なテクノロジーのうちの1つであり、開発される製品の種類のまったく新しい章を始める可能性を持っている。」と、VISAヨーロッパのための常勤取締役サンドラ・アルゼッタ(Sandra Alzetta, executive director (core products) for Visa Europe.)は言った。
VISAヨーロッパの新しいサービスで、金融機関が、トークンが使われうる環境をコントロールすることを可能にすると付け加えた。例えば、上のトークンセットは、オンラインの購入品を作るために、非接触支払いのためにだけ用いられえない。
さらに、もしモバイル機器が失われるか、または盗まれるならば、トークンは容易に、即座に使用不可にされうる。

2015-02-13---Visaにとって、2015年はモバイルの支払いで、トークンの大きい年。

Related Dates